「丁重にソーシャルディスタンスを維持」 ユナイテッドDF、失点招いた“対応ミス”を英紙指摘

ユナイテッドDFハリー・マグワイア【写真:Getty Images】
ユナイテッドDFハリー・マグワイア【写真:Getty Images】

DFマグワイアが露呈したスピード欠如「ロッカールームに戻るまで10分はかかる」

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間19日、プレミアリーグ第30節でトッテナムと対戦し、1-1と引き分けた。試合終盤にPKで追いつき勝ち点1を持ち帰ったが、先制点を許した場面でイングランド代表DFハリー・マグワイアが見せた“ソーシャルディスタンス”な対応ミスに英メディアが注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユナイテッドはリーグ再開初戦でトッテナムとの“ビッグ6対決”を迎えた。中断前は公式戦11試合無敗と好調を維持していたユナイテッドだが、前半27分に先制点を与えてしまう。ハーフウェーライン付近でボールを拾った相手FWステーフェン・ベルフワインがトップスピードでドリブルを敢行。マグワイアがマッチアップした。

 しかし、ベルフワインと距離を保ちつつ対応したものの、対応を誤って一気に振り切られ、ペナルティーエリアへの侵入を許すと、そのまま右足を振り抜かれ被弾した。この失点を受け、英紙「デイリー・メール」は「マグワイアは丁重に2メートルのソーシャルディスタンスを維持」と見出しを打って注目している。

 記事では、十分な距離感を保っていたにもかかわらず、あまりにもあっさりと突破を許したことでネット上では嘲笑の的となっていると指摘。「マグワイアがハーフタイムでロッカールームに戻るまで10分はかかるはずだ」とスピードの欠如を皮肉っていた。ユナイテッドがトップ4フィニッシュを目指すうえで、守備面の改善は課題となりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」