独代表MFサネ、マンCとの契約延長拒否 グアルディオラ監督が明言、今季限りで退団も

ドイツ代表MFレロイ・サネがマンチェスター・シティ退団か【写真:Getty Images】
ドイツ代表MFレロイ・サネがマンチェスター・シティ退団か【写真:Getty Images】

2021年6月末までの契約を延長せず…今夏移籍の可能性が浮上

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、去就が注目されるドイツ代表MFレロイ・サネがクラブとの契約延長を拒否したと明かした。今季限りで退団する可能性も浮上していると、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 サネは2016年にシャルケから加入し、3シーズンにわたってチームの主軸選手として活躍。今季開幕前にはバイエルン・ミュンヘンへの移籍が確実視されていた。しかし、リバプールとのコミュニティー・シールドで膝の前十字靭帯を損傷。負傷の影響で移籍も実現していなかった。

 グアルディオラ監督は19日、次節バーンリー戦前の記者会見に臨み、そのなかでサネの去就に言及。選手側が契約延長を拒否したと明らかにした。

「レロイは契約延長を望んでいない。それは彼が退団を望んでいることを意味する。今夏、あるいは契約満了で移籍することになる。

 クラブから私に話があった。2、3度契約延長のオファーを彼にしたが、それらは拒否された。彼は他のクラブでのプレーを望んでいる。

 もし、今シーズン終了後に我々が他のクラブと合意すれば、彼は退団する」

 サネとシティとの契約は2021年6月末まで。今季の移籍が実現しなかった場合も、来年には契約満了をもって退団することが確実となった。移籍となれば新天地は母国ドイツが有力だが、果たして24歳のウインガーはどのような決断を下すのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング