リバプール南野拓実の獲得、成功か失敗か? 英紙注目「コウチーニョか、キャロルか」

MF南野拓実はリバプールで活躍をすることができるだろうか【写真:Getty Images】
MF南野拓実はリバプールで活躍をすることができるだろうか【写真:Getty Images】

英紙は過去9年半の補強選手を採点 最高得点が6人、スアレスは9点

 近年数々の補強を成功させてきたリバプール。そのなかにあって日本代表MF南野拓実の獲得は吉と出るか凶と出るか――。リバプール地元紙「リバプール・エコー」は今年1月に加入した南野の将来について「コウチーニョになるか、キャロルになるかは時間が教えてくれる」と伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールは2010年秋にフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)によって買収された。FSG体制になって以降の約9年半の間に累計約8億ポンド(約1062億円)を投じ、66人の選手を獲得。同紙はこれらの補強選手たちを10点満点で採点した。

 FSG体制となって迎えた最初の移籍ウィンドウが2011年1月。当時のエースだった元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがチェルシーに引き抜かれた代わりに、アヤックスからウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)、ニューカッスルから元イングランド代表FWアンディ・キャロルを獲得する激動のマーケットだった。

 トーレスの影を払拭する活躍を見せたスアレスの採点は9点。一方、当時の英国人選手史上最高額となる3500万ポンド(約46億円)を記録したキャロルは本領発揮に至らず、ウェストハムへ12年にレンタル移籍。さらにその翌年に完全移籍してリバプールを去った。キャロルの採点は4点で、同時期に加入したストライカーは明暗がくっきりと分かれた。

 この採点では2013年冬にインテルから加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(現バイエルン・ミュンヘン)を筆頭に、15年夏のブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ(←ホッフェンハイム)、16年夏のセネガル代表FWサディオ・マネ(←サウサンプトン)、17年夏のエジプト代表FWモハメド・サラー(←ローマ)、18年冬のオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(←サウサンプトン)、18年夏のブラジル代表GKアリソン・ベッカー(←ローマ)の6人が最高得点となる10点がつけられている。コウチーニョ以外は現在のチームで不動のレギュラーを張っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」