ブレーメン大迫勇也が今季5ゴール目 残留争いのなか貴重な一撃に称賛「素晴らしい」

パーダーボルン戦でブレーメンFW大迫勇也がゴール【写真:Getty Images】
パーダーボルン戦でブレーメンFW大迫勇也がゴール【写真:Getty Images】

敵地パーダーボルン、こぼれ球に素早く反応した大迫が追加点

 日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは、現地時間13日のブンデスリーガ第31節でパーダーボルンと対戦し、前半34分に大迫が貴重な追加点を決めて今季5ゴール目をマークした。

 ブンデスリーガは終盤を迎えているなか、自動降格圏の17位ブレーメンは敵地で18位パーダーボルンと対戦。前半20分にMFデイヴィ・クラーセンのゴールでブレーメンが先制したなか、同34分に日本人ストライカーが魅せた。

 敵陣中央から崩しにかかったブレーメンは、アメリカ代表FWジョシュ・サージェントがエリア右サイドでボールを受けて、鋭い切り返しからシュートを放つ。これは相手GKに止められるも、こぼれ球に素早く反応した大迫が詰めて追加点を奪った。

 大迫にとってこれが今季5ゴール目となり、19年11月23日の第12節シャルケ戦以来、約7カ月ぶりのリーグ戦ゴールとなった。

 ブンデスリーガ公式ツイッター日本語版が「大迫勇也選手、ゴーーーーール!! ブレーメンの残留をかけた一戦で今季5点目」と伝えれば、ブレーメンの公式サイトもゴールを速報し、ファンから「素晴らしい」「ナイス」と称賛の声が上がっていた。


(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング