「アンス対タケ」 久保、バルサ元同僚との“神童対決”にスペイン注目「前途有望な最年少2人」

マジョルカMF久保建英(左)とバルセロナFWアンス・ファティ【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英(左)とバルセロナFWアンス・ファティ【写真:Getty Images】

久保はバルセロナとの古巣対決、17歳FWファティとの対戦は実現? 「今回その機会がある」

 マジョルカは現地時間13日、リーガ・エスパニョーラ第28節でバルセロナと対戦する。日本代表MF久保建英にとっては古巣対決となるが、スペインメディアはバルセロナの17歳FWアンス・ファティとの“神童対決”に「リーガにおいて、前途有望な最年少2人」と注目している。

 昨夏にレアル・マドリードと契約した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。ここまでリーグ戦3ゴールを記録していたが、新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断。感染拡大が落ち着いたことから11日にリーグ戦が再開され、マジョルカは13日の再開初戦でバルセロナとの対戦を控えている。

 久保にとっては、ホームで迎え撃つ古巣対決となるが、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「アンス対タケ、子供同士のじゃれ合い」と見出しを打ち、「バルセロナの17歳とレアルから貸し出されているマジョルカの19歳は、最初の戦いでは顔を合わせなかったが、今回その機会がある」と、ファティとの“神童対決”に注目している。

 ファティは今季クラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たした超新星だが、下部組織時代は久保とチームメートだった。昨年12月に行われたリーグ第16節バルセロナ戦(2-5)で久保は先発フル出場したものの、ファティは欠場したため、元同僚との対面は実現しなかった。

 記事では「コロナウイルスのパンデミック後の再開では、久保とファティがピッチで決闘する、マジョルカとバルセロナの子供同士のじゃれ合いになりそうだ」と取り上げている。久保については「黄金の左足、戦術的な規律、成熟度の高い決断力、そして適応力が際立っている」と称賛。「リーガにおいて、前途有望な最年少2人」と熱視線を送っていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング