609億円の集大成が不発? マンU、流出の“ゼブラ柄”ユニフォームに英注目「物議を醸す」

マンチェスター・ユナイテッドの"ゼブラ柄"の新ユニフォームが流出(写真は今季のもの)【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドの"ゼブラ柄"の新ユニフォームが流出(写真は今季のもの)【写真:Getty Images】

マンUの来季第3ユニフォームのデザイン再流出「縞模様は確かに人目を引く」

 今年3月、名門マンチェスター・ユナイテッドの来季新ユニフォームの一部デザインが流出して話題を呼んだが、実物と思われる画像が流出。英メディアで「控えめに言っても奇抜」「物議を醸す」と反響の大きさを伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユナイテッドの来季第3ユニフォームと見られるデザインは当初、白と黒のパターン柄で、第一次世界大戦で船の塗装に使用された「ダズル迷彩(幻惑迷彩)」を彷彿させるとして注目を集め、韓国メディア「フットボリスタ」は「シマウマ?」と報じていた。

 今回、ユニフォーム専門サイト「Footy Headlines」が「マンチェスター・ユナイテッド 2020-21サードユニフォーム流出」と見出しを打って再びリーク。掲載された画像では、当初ほど細かくはないものの、白ベースに黒の“縞模様”がそのまま踏襲されている。

 英ラジオ局「talkSPORT」は「マンチェスター・ユナイテッドのゼブラスタイルのデザインがネット上で流出」と見出しを打ち、「リークされたサードユニフォームは控えめに言っても奇抜。縞模様は確かに人目を引く。ユナイテッドファンの意見が割れるのは間違いない」と伝えた。

 一方、英紙「デイリー・メール」は「物議を醸す『ダズル迷彩』キット」と表現するとともに、「自動車会社のシボレーをユニフォームスポンサーとする最後のシーズン。4億5000万ポンド(約609億円)の契約は2021年で切れる」と触れ、これでは“有終の美”を飾れないとばかりに伝えている。

 流出ユニフォームのデザインを巡る波紋はまだまだ続きそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」