プレミア「忘れられた11人」を英紙特集 日本代表DFも選出「すでに多くの人が…」

プレミア「忘れられた11人」【画像:Football ZONE web】
プレミア「忘れられた11人」【画像:Football ZONE web】

サウサンプトンからサンプドリアに期限付き移籍中の吉田麻也の名前も

 新型コロナウイルスの影響で中断を強いられていたプレミアリーグが、いよいよ現地時間17日に再開を迎える。リーグ再開を目前に英紙「ザ・サン」では「覚えている? プレミアリーグの忘れられた11人」と題して特集。現在はイタリア・セリエAでプレーする日本代表DF吉田麻也も選ばれた。

 記事では、プレミアリーグのクラブが頻繁に選手を期限付き移籍させること、そして3カ月間のロックダウン期間により、人々がサッカー観戦から遠ざかっていたことを指摘。シーズン再開に向けて、クラブにまだ籍を残していることが「忘れ去られたのではないか」という選手でイレブンを組んだ。なお、現時点で保有権がプレミアリーグのクラブにある選手が対象となっている。

 4-3-3で組まれた布陣のなかで、ニュージーランド代表DFウィンストン・リードとともにセンターバックに選ばれたのが吉田だった。サウサンプトンからイタリアのサンプドリアに期限付き移籍している吉田について、記事では「日本のスター選手はイングランドを離れる前、プレミアリーグで8試合プレーしていた。しかし、(デンマーク代表DF)ヤニク・ヴェステルゴーアのような選手がいるため、すでに多くの人が彼のことを忘れてしまった」と現状を指摘している。

 吉田は期限付き移籍先のサンプドリアでここまで1試合の出場にとどまっているものの、クラウディオ・ラニエリ監督の下、再開後はセンターバックの一角として先発出場するとも予想されている。イタリアの地で存在感を示し、再び欧州での評価を確立したいところだ。

 英紙「ザ・サン」が選出した「プレミアリーグの忘れられた11人」は以下の通り(カッコ内は所属クラブ。期限付き移籍中の選手は保有クラブ→期限付き移籍先)。

GK
スコット・カーソン(ダービー→マンチェスター・シティ)

DF
ナサニエル・クライン(リバプール)
ウィンストン・リード(ウェストハム→スポルティング・カンザスシティ)
吉田麻也(サウサンプトン→サンプドリア)
ブラッド・スミス(ボーンマス→カーディフ)

MF
マッティ・ジェームズ(レスター・シティ)
モハメド・エルネニー(アーセナル→ベジクタシュ)
マルコ・ファン・ヒンケル(チェルシー)

FW
パトリック・ロバーツ(マンチェスター・シティ→ミドルスブラ)
イスラム・スリマニ(レスター→モナコ)
ケネディ(チェルシー→ワトフォード)

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング