欧州王者リバプール、主力MFとの契約延長に前進 交渉はポジティブと英紙報道

リバプールでプレーするMFワイナルドゥムが契約延長へ【写真:Getty Images】
リバプールでプレーするMFワイナルドゥムが契約延長へ【写真:Getty Images】

21年で契約の切れるワイナルドゥムはキープレーヤーとしての保証を求める

 英プレミアリーグのリバプールが、中盤の要であるオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムとの契約延長に向けて前進しているようだ。英紙「ガーディアン」はリバプールが2024年までの3年延長を希望し、話し合いは前向きに進んでいると報じた。

 ワイナルドゥムは2016年にニューカッスルからリバプールに移籍した。攻守のバランスに優れたMFで、昨季は公式戦47試合(5得点)に出場するなどUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも大きく貢献した。今季も公式戦38試合5得点を記録しており、現欧州王者のレギュラーとして活躍している。

 現行契約は2021年6月末までだが、リバプールはワイナルドゥムとの契約を少なくとも3年延長することを希望しているとのこと。ワイナルドゥムは交渉がスタートする前に、チームのキープレーヤーと見なされ続ける保証を求めていた。記事によれば、交渉はポジティブに進んでいるという。

 リバプールは先日、6月30日で契約満了を迎えるイングランド代表MFアダム・ララーナとの短期契約延長を発表していた。新型コロナウイルスの影響で中断していた今シーズンが終わるまでは、リバプールの一員としてプレーすることになった。

 ララーナに続き、チームのキーマンであるワイナルドゥムとの契約延長にもこぎ着けることができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング