“得点力不足”が深刻な大迫所属ブレーメン 独誌投票で57%超のファンが「2部降格」予想

連敗が続き、降格危機のブレーメン【写真:Getty Images】
連敗が続き、降格危機のブレーメン【写真:Getty Images】

ヴォルフスブルクに0-1敗戦、16位と勝ち点「3」差…自動降格圏の17位に沈む

 日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンが、2部降格の危機に直面している。大迫も先発した7日のブンデスリーガ第30節ヴォルフスブルク戦では、後半37分にカウンターから失点し0-1で敗戦。これでホームゲーム13戦未勝利となり、順位も自動降格圏の17位のままと苦しい状況に追い込まれている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合後、指揮官のフロリアン・コーフェルト監督が「アタッキングサードでの我々のプレーは酷かった。それ以外の言葉は思いつかない」と吐き捨てるようにコメントしたように、攻撃面での迫力不足はチームにとって深刻な課題となっている。この日も前半31分に大迫が敵陣ペナルティーエリア前で放った右足シュートなどを含めて数えるほどのチャンスしか作れず、1点が遠かった。

 チームの今後について、コーフェルト監督は「現実的な目標は16位を目指すこと。他のことは遠く離れてしまったと言わざるを得ない」と語り、自動降格ではなく2部3位との入れ替え戦に回る16位でシーズンを終えることが目標であると明言。さらに「現在16位のデュッセルドルフとは勝ち点で7、8点離れているわけではなく、その差はたったの3点だ。まだ4試合あるし、勝ち点差が3であれば引っ繰り返せる」と、自動降格回避のチャンスがまだ十分に残っていることを強調している。

 しかし、ファンの視線は厳しい。

 ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が、「今シーズン2部に降格するチームはどこか?」というアンケートを実施したところ、日本時間8日19時現在で回答者の57.49%がブレーメンを降格候補として挙げており、ファンの間ではもはや降格不可避との見方が大勢を占めているようだ。

 ブレーメンの次戦は、13日に予定されている最下位パーダーボルンとのアウェーゲーム。自動降格圏脱出のためには、絶対に勝たなくてはならない試合となる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」