リーガ優勝争い、”異例日程”でバルサ有利? “レアル贔屓”紙が指摘「重圧がないなかプレー」

リーガ覇権争いを演じるバルサとレアル【写真:Getty Images】
リーガ覇権争いを演じるバルサとレアル【写真:Getty Images】

現地時間7日に残り4試合の日程が確定

 6月11日に再開されるラ・リーガの焦点の1つは現時点で勝ち点差2となっている首位バルセロナと2位レアル・マドリードとの優勝争いになることは間違いない。ただし再開に向けての日程編成において、常にバルサがレアルよりも先に試合を実施することになるとスペイン紙「マルカ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーガは現地時間7日に第30節と第31節のキックオフ時間を発表した。それによって再開後の4試合の日程がすべて確定したことになるが、これまでにはない異例なものとなる。

 バルサはまず再開戦となる第28節で現地時間13日午後10時に日本代表MF久保建英擁するマジョルカとのアウェーゲームに臨む。一方でレアルはその1日後(同14日午後7時30分)にホームでMF乾貴士が所属するエイバルと対戦することになる。

 このスケジュールはその後も続く。第29節はバルサが16日(レガネス戦)、レアルが18日(バレンシア戦)、第30節と第31節もバルサが19日(セビージャ戦)と23日(アスレティック・ビルバオ戦)と臨むのに対して、レアルは21日(レアル・ソシエダ戦)と24日(マジョルカ戦)とすべて1日以上ずれたタイミングでの開催となる。

 “レアル贔屓”で知られる同紙は「こういったこともあり、バルサはマドリードとのチャンピオンシップ争いで、常に主導権を握り続けられる。カタルーニャ側は最大のライバルの結果側を知る重圧がないなかでプレーできる」とバルサ側にメリットがあるとしている。

 特殊な日程でマッチレースが続けば、最終節付近のキックオフ時間調整にも課題が残るだろうが、バルサとレアルの2強はどのような結果を出していくのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」