レアル、“ABHトリオ”が11カ月ぶりに復活! リーグ再開初戦、強力3トップ実現か

(左から)アセンシオ、ベンゼマ、アザール【写真:Getty Images】
(左から)アセンシオ、ベンゼマ、アザール【写真:Getty Images】

アセンシオが長期離脱から復帰、ベンゼマ&アザールとの3トップを同時プレーでテスト

 レアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラ再開を前にアタッカーの“ABHトリオ”が11カ月ぶりに揃い踏みとなった。ジネディーヌ・ジダン監督は再開初戦のエイバル戦でトリデンテ採用に踏み切る可能性が浮上している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 新型コロナウイルスの影響で長期中断を強いられていたリーガ・エスパニョーラもついに今週末に再開する。逆転優勝を狙う2位レアルは、ホームで日本代表MF乾貴士が所属するエイバルと現地時間14日に対戦する。

 再開に向けたトレーニングを重ねるレアルは現地時間6日にトレーニングマッチを行った。ジダン監督はこの試合で長期離脱から復帰したスペイン代表MFマルコ・アセンシオ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ベルギー代表MFエデン・アザールの“ABHトリオ”を同時にプレーさせたという。

 この3人が揃い踏みとなるのは昨年7月21日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン・ミュンヘン戦以来、実に約11カ月ぶりとなる。バイエルン戦の数日後に行われたICCのアーセナル戦でアセンシオが左膝の靭帯損傷という大怪我を負ったため、シーズン開幕後にこの3トップが起用されたことはなかった。

 しかし、中断期間を挟んだことでシーズン絶望と見られていたアセンシオが復帰を果たし、待望のABHトリオ復活の可能性が浮上した。練習試合での起用だったとはいえ、指揮官はエイバル戦とできるだけ近いメンバー構成を望んでいたとされ、エイバル戦で同様のメンバーが起用される可能性も十分にありそうだ。

 6日のトレーニングは筋肉系の問題で欠席となったものの、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルもバックアッパーとしてジダン監督のオプションに入っているという。

 ライバルのバルセロナを2ポイント差で追いかけるレアル。逆転優勝に向けて、自慢の攻撃ユニットのパフォーマンスが一つの鍵となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング