元神戸のリージョ監督、マンC名将ペップのアシスタントコーチ候補に浮上

過去、神戸でも指揮を執ったリージョ氏(※写真は神戸時代のものです)【写真:Noriko NAGANO】
過去、神戸でも指揮を執ったリージョ氏(※写真は神戸時代のものです)【写真:Noriko NAGANO】

ミケル・アルテタ氏の後任が不在となっていたアシスタントコーチに就任濃厚

 スペイン人指揮官のフアン・マヌエル・リージョ氏は、J1ヴィッセル神戸を退団した後、中国甲級リーグ(2部)青島黄海の監督に就任。その後2部リーグを制し、クラブを初のスーパーリーグ(1部)昇格に導いたが、スペイン紙「AS」は、マンチェスター・シティのアシスタントコーチ就任を報じている。

 記事によれば、リージョ氏はすでに青島黄海と契約解除。今後イングランドへ渡り、シティのアシスタントコーチに就任する見込みだという。

 シティでは、ミケル・アルテタ氏がアシスタントコーチを務めていたが、昨年12月に監督としてアーセナルへ引き抜かれた。シティは誰とも契約をせず、ロドルフォ・ボレル氏がアシスタントコーチの役割も兼任していた。

 アルテタ氏の前は、グアルディオラ監督のアシスタントはドメネック・トレント氏が務めていたが、彼はニューヨークシティの監督に就任している。

 また、シティのOBでもあり、現在はベルギーのアンデルレヒトで選手兼監督を務めている元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、レアル・ソシエダBの監督を務める元スペイン代表MFシャビ・アロンソがアシスタントコーチの候補に挙げられていた。しかし、最終的にリージョ氏が就任することになったようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング