18年前の衝撃 トルシエJ、日韓W杯ベルギー戦を敵国回顧「小野以外は知らなかった」

日韓W杯で初の勝ち点1を獲得したトルシエジャパン【写真:Getty Images】
日韓W杯で初の勝ち点1を獲得したトルシエジャパン【写真:Getty Images】

日本が欧州の強豪ベルギー相手に一時リードを奪い、最終的にW杯初の勝ち点1を獲得

 18年前の6月4日は日本にとって、歴史的な日となった。初のワールドカップ(W杯)開催国として挑んだ日韓大会、グループリーグ初戦のベルギー戦でW杯初の勝ち点1を手にしたのだ。海外メディアは「シンジ・オノは知っていたが、他の選手は知らなかった」と当時を回想している。

「2002年6月4日:ロベール・ヴァサイジュ監督が日本で怒った日」

 このように見出しを打ったのは、ベルギーのスポーツ誌「Sport/Voetbalmagazine」だ。

 当時、日本は1998年フランス大会に続いて2度目の出場。ベルギー、ロシア、チュニジアと同組に入ったなかで過去のW杯成績(出場1回/0勝3敗)は一番低く、海外組はMF中田英寿(パルマ)、MF小野伸二(フェイエノールト)、MF稲本潤一(アーセナル)、GK川口能活(ポーツマス)の4人だけだった。

「東京近郊の埼玉。ホスト国(日本)は当時まだ誰にも知られているわけではなかった。選手たちは、フェイエノールトで攻撃的MFとしてプレーしていたシンジ・オノ以外は知らなかった。メディアは『ホスト国は若くて熱狂的だが、心配の必要はない』と結論づけていた」

 記事では、ベルギー側は未知の日本に勝利を確信していたとしている。その一方で、5万人を超える大観衆が詰めかけた埼玉スタジアム2002の様子については、「ベルギーサポーターは小規模で、スタンドは日本人が大半を占め『ニッポン、ニッポン』と声援を送った」とファンの熱狂ぶりについても触れた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」