久保建英は「出場時間を約束されていない」 PSG移籍説をレアル専門メディア一蹴

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

EU外選手枠はヴィニシウス、ミリトンが有力 残り1枠を巡る争いは熾烈

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、シーズン終了後にレンタル期間が終了するため、去就が注目を集めている。レアル・マドリード専門メディアは、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍説について「ほとんど実現不可能」との見解を示した。

「2020-21シーズンに選手が残るようにジダンが考えても良いかもしれないクボの数字」と見出しを打って久保を取り上げたのは、レアル専門メディア「Defensa Central」だ。

 久保は2019年夏にFC東京から名門レアルへ完全移籍し、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点2アシストをマークしている。

 レアル・ソシエダ、ベティス、PSG、ACミランなどが来季の新天地候補に挙がっている久保は、6月19日以降にレアルと話し合いの場が設けられるとされている。本人はレアルでのプレーを熱望しているが、EU圏外枠の問題もあり、構想入りは簡単ではない。記事では、「クボはメレンゲ(レアル)で勝利することを願っている。とはいえ、マジョルカでの冒険を続けるのを悪くは思っていない様子だ」とし、久保の置かれた状況をまとめている。

「今シーズン、タケフサ・クボはレアル・マドリードの外国人3枠が埋まっているためトップチームにとどまらなかった。ミリトン、ロドリゴ、ヴィニシウス、ヘイニエル、クボとEU外選手が5人いるため、来季もその扱いが繰り返されるとの見方がある。プレーできる枠はわずかに3で、残る2人はカスティージャ(Bチーム)かレンタルに出ることになる。ミリトンとヴィニシウスに関しては根気よく続けるべきだろう。ヨーロッパで2年が経過すれば、スペインビザ取得の手続きを始めることができる。しかし事は簡単ではなく、来季が始まる前にそれを手にするのは難しいだろう」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング