宇佐美×柿谷がクラブの“象徴”に抱く思い 偉大な英雄を追うエースたち「俺らはならなあかん」

セレッソ大阪FW柿谷曜一朗とガンバ大阪FW宇佐美貴史【写真:Noriko NAGANO & 高橋学】
セレッソ大阪FW柿谷曜一朗とガンバ大阪FW宇佐美貴史【写真:Noriko NAGANO & 高橋学】

【宇佐美貴史×柿谷曜一朗“天才対談”|第7回】遠藤や森島氏ら偉大なレジェンドの背中を追う

 新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で、幼少期から“天才”と呼ばれ続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。そしてクラブの「象徴」に向ける思いとは――。

第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回
第6回

 アカデミー出身で現チームのエース。クラブに対する愛情も深い。柿谷は、“ミスターセレッソ”ことレジェンドFWで現在は社長を務める森島寛晃氏や、MF香川真司(サラゴサ)らが背負った伝統の背番号8を付ける。その肩にのしかかる重みを知っているからこそ、自身の立場を理解している。

柿谷「ぶっちゃけ言うと、セレッソにヤットさん(G大阪MF遠藤保仁)みたいな(大黒柱)タイプがおらん。それが悔しい……わけじゃないけど、めちゃくちゃ羨ましい。鹿島(アントラーズ)には小笠原(満男)さんがいたり、川崎(フロンターレ)は(中村)憲剛さんがいたり。セレッソには森島さんやアキさん(西澤明訓)が引退してから(大黒柱的な存在が)おらん。俺は、ガンバに対してそれが羨ましい。それで、ヤットさんとは全然やり方は違うけど、次のそういう立場に絶対なって欲しいと思ってるのは、間違いなく貴史。それは間違いない」

 G大阪には現在40歳で2001年から在籍する絶対的な存在、MF遠藤保仁がチームを支えている。日本代表としては国際Aマッチ最多となる152試合に出場。プロ23年目を迎えた2月23日の横浜F・マリノスとの開幕戦(2-1)に先発出場し、J1最多タイとなる通算631試合出場を達成した。今季、リーグ再開後には新記録達成が確実視されており、鉄人が見せる背中はあまりにも偉大で大きい。柿谷はC大阪で8番を付けるが、G大阪の次期「7番」にかかる重圧は相当なものだろう。

柿谷「そういう(大黒柱のような)存在になった貴史、なっていく貴史を見たい。俺もセレッソで8番を背負っているからこそ、そういう立場にならないといけない。だけど、森島さんとかと同じことをするわけではない。貴史がどう思っているかは分からんけど、クラブのそういう存在に俺らはならなあかんのかな、と思う」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング