C大阪FW柿谷、宿敵エース宇佐美の“天才的パス”に感嘆 「タイミングが好き」「普通は…」

ガンバ大阪FW宇佐美貴史(右)とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗【写真:Noriko NAGANO & 高橋学】
ガンバ大阪FW宇佐美貴史(右)とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗【写真:Noriko NAGANO & 高橋学】

【宇佐美貴史×柿谷曜一朗“天才対談”|第3回】柿谷が宇佐美の2019年仙台戦での技ありアシストを“解説”

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

第1回】【第2回】【第4回】【第5回】【第6回
第7回

 大阪の宿敵2チームが誇る“天才”同士の対談が初めて実現した。新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で幼少期から“天才”と呼ばれ、各年代別の日本代表でも活躍し続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。連載第3回では宇佐美のプレーについて、柿谷が“解説”する。

 まず、柿谷が注目したのは2019年11月23日に行われたJ1第32節のベガルタ仙台戦(2-0)、G大阪が1点を先制して迎えた後半32分に、宇佐美がFWアデミウソンへラストパスを送ったシーンだ。中盤での競り合いでボールを奪ったG大阪は、MF井手口陽介がワンタッチで敵陣右サイドのスペースへパスを送る。これに素早く反応した宇佐美はボールが高くワンバウンドした直後、自らの後方をクロスして中央へ走りこむアデミウソンに向かって柔らかいタッチの浮き球スルーパスを供給。相手最終ラインの背後に抜け出したアデミウソンが、鮮やかなループシュートでGKとの1対1を制し、華麗な連係で追加点を奪った。

柿谷「実は貴史の動画をよく見ていて……このプレー好きやったね。あんまり(動画を)見ているの、バレたくないねんけど(笑)。アデミウソンに出した時のボールを触った瞬間、(ゴールまでの道筋が)こうなるって分かっていた。ボールを触る前からアデミウソンがゴールに向かって走っている。普通はトラップして、前に向かってボールを止めてドリブルするやん? ボールが跳ねて、タッチした瞬間にはオフサイドにならんなっていうタイミング。そのタイミングが好きやねん」

 この一戦、後半24分に宇佐美は先制ゴールも挙げていた。自陣でパスカットし、右サイドを独走。相手DF1人をかわしてあっという間に約50メートルを駆け上がると、最後は冷静にシュートコースを見極め、ゴールを射抜いた。このシーンで柿谷は、突如あるゴールを思い出した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング