宇佐美とバイエルン時代、CL決勝で感じた“熱量差” 柿谷は意義強調「貴史以上の実績ない」

宇佐美貴史のバイエルン時代について柿谷曜一朗が自身の意見を強調した【写真:Getty Images】
宇佐美貴史のバイエルン時代について柿谷曜一朗が自身の意見を強調した【写真:Getty Images】

【宇佐美貴史×柿谷曜一朗“天才対談”|第6回】19歳宇佐美のバイエルン移籍を振り返る

第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回
第7回

 新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で、幼少期から“天才”と呼ばれ続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。そして天才に訪れた「転機」とは――。19歳で海を渡った宇佐美が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝の“裏話”などを明かした。

 現在、両クラブのエースに君臨する28歳の宇佐美と30歳の柿谷。だが、ここまでの道のりは決して“順風満帆”と言えるものではなかった。何度も壁にぶち当たり、時には挫折も経験した。2014年にブラジル・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出され、スイスの強豪バーゼルへ渡った柿谷は、1シーズン半で古巣へ復帰。一方の宇佐美は、19歳でドイツのバイエルン・ミュンヘンへと移籍を果たし、翌年にはホッフェンハイムに挑戦の場を移した。だが、なかなか結果を残せないまま13年夏に当時J2だったG大阪へと復帰した。

 16年に2度目の海外挑戦を決めた宇佐美は、再びドイツの地を踏み、アウクスブルクとデュッセルドルフでプレー。そして、昨季途中に低迷していた古巣の救世主となるべくG大阪に戻ってきた。どん底に落ちても何度も這い上がってきた宇佐美のサッカー人生。そのなかでも、柿谷が印象深いのはやはり衝撃の移籍となったバイエルン時代だったようだ。

柿谷「貴史の印象的な試合は、バイエルンに行ってすぐバルサとした試合。俺自身、相手に衝撃を与えるプレーを今も心掛けているのはあるけど、貴史がやってきた実績と比べたらレベルの差はあると思う。19歳の時やんな? それでバルサと試合をしたなかで、まず普通に馴染んでやっていることが凄いのに、それでも物怖じせんといつも通りのプレーをしていた。それで、試合が終わった後にチアゴが寄って来て。普通、反対やん? バルサと試合できて、貴史が『握手して下さい!』やん? どうなってんのって思ったよ、あの試合を見た時」

 11年にバイエルンへ加入した宇佐美は、プレシーズンに強豪クラブが集まって行われる親善試合アウディカップの決勝に先発出場。そこでスルーパスで決定機を演出するなど、名刺代わりの活躍を見せた。試合後には当時バルサに所属していたスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(現バイエルン)から、ユニフォーム交換を求められた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング