「メッシが退団すると脅迫」 バルセロナの絶対的エースが去就検討の理由は?

バルセロナで長年活躍するFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナで長年活躍するFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

メッシは相棒スアレスの売却に断固反対か「この夏に売られるならば…」

 バルセロナはリーグ戦再開に向け、練習をスタートさせている。そんななか、バルセロナ専門メディアは「もしスアレスが売られた場合、メッシが退団すると脅迫」と見出しを打ち、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがクラブを去る可能性を取り上げている。

 新型コロナウイルスの影響でリーガ・エスパニョーラは中断していたが、外出規制の緩和もあり、6月11日の再開が正式決定。首位を走るバルセロナは3連覇に向けて個別練習から全体練習へと切り替え、メッシもトレーニングで切れ味鋭いプレーを披露していた。

 そんななか、バルセロナ専門メディア「EVEERYTHING BARCA」は「もしスアレスが売られた場合、メッシが退団すると脅迫」と見出しを打ち、「この夏にスアレスが売られるならば、メッシもバルセロナを去ることになるだろう」と、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの去就が絶対的エースにも影響を及ぼすと指摘している。

 スペインメディア「Diario Gol」を引用し、「ラウタロ・マルティネス獲得のため、スアレスが2021年夏までの契約を切られる場合、キャプテンも親友とともにチームを出て行く意志を明確にしたと主張している」と説明している。

 2014年にスアレスがバルセロナ加入以来、メッシは良好な関係を築いており、チームの生命線となる“ホットライン”を形成してきた。インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス獲得が取り沙汰されるバルセロナだが、それを理由にスアレスが売却されるとなれば、メッシもクラブを去る心積りなのかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング