中国から“緊急補強”のユナイテッド新ストライカー、来年1月までの契約延長で合意間近

マンチェスター・ユナイテッドFWオディオン・イガロ【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドFWオディオン・イガロ【写真:Getty Images】

今年1月、上海申花からユナイテッド加入のFWイガロが契約延長の見込み

 中国1部・上海申花からマンチェスター・ユナイテッドに期限付き加入中のナイジェリア代表FWオディオン・イガロが、来年1月末までの契約延長で合意に近づいていると英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【PR】プレミア見るならABEMA! 三笘薫や遠藤航の活躍が、スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 イガロは今年1月、ストライカー不足に悩まされていたユナイテッドへ移籍マーケット最終日に緊急移籍。公式戦8試合で4得点と結果を残しているが、契約が5月31日までとなっており、今後の去就が注目されていた。

 記事によれば交渉は合意目前で、イガロは2021年1月末まで契約を延長する見込みだという。実現すれば7月から再開予定となっていた中国リーグの2020シーズンの大半は欠場となる。

 かねてからユナイテッド加入を夢と語っていたイガロ。新型コロナウイルスの影響によって在籍期間が実質1カ月ほどで終わる可能性もあったが、夢のクラブでのプレーはまだまだ続くことになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング