Jリーグ再開へ、コロナ禍「日本モデル」を独紙称賛 「ロックダウンなしでほぼ制圧」

Jリーグは再開日程を発表した【写真:Getty Images】
Jリーグは再開日程を発表した【写真:Getty Images】

Jリーグ再開で「再びキックオフされる」と独報道 「日本はドイツのモデルとなる」

 Jリーグは29日、6月27日からJ2とJ3、7月4日からJ1を無観客試合で再開させることを発表した。ドイツ紙「ターゲスシュピーゲル」が「日本がロックダウン(都市封鎖)なしでコロナウイルスをほぼ完全に制圧した方法」と特集を組み、「日本モデルはドイツのモデルとなるべき」と称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新型コロナウイルスの影響でJリーグは2月の開幕節後に中断していたなか、4月下旬から5月上旬に順次再開する当初のプランは白紙に戻っていた。日本政府の緊急事態宣言が5月25日に解除され、同月29日にJリーグが臨時実行委員会を開催。同日、6月27日からJ2とJ3、7月4日からJ1を段階的に再開させると発表した。

 そのなかでドイツ紙「ターゲスシュピーゲル」は、「日本がロックダウンなしでコロナウイルスをほぼ完全に制圧した方法」と特集。「東京では学校が(段階的に)再開され、6月(17日)には人気の野球が無観客で再開される。サッカーのJ1リーグも7月4日に再びキックオフされる予定となっている」と伝えた。

 そのなかで脚光を浴びているのは“日本モデル”だ。「コロナウイルスの危機では、ある国は独自の道を歩み、成功しているようだ」と記し、「それは日本だ。わずか7週間で世界第3位の経済大国がパンデミックを制圧した」と称えている。また「コロナウイルス危機の対応で、日本は最初に激しく批判された。しかし、日本モデルはドイツのモデルとなるべきだと、ウイルス学者のクリスチャン・ドロステン氏は語る」と紹介した。

 記事では新型コロナウイルスによる死亡率に着目。「1億2650万人の人口を抱える日本は、新型コロナウイルス関連で871人が死亡したと報告している。人口100万人あたりで見ると、7人が亡くなった日本に対して、スウェーデン(414人)、イギリス(656人)、アメリカ(307人)、ドイツ(102人)は大幅に遅れている」と指摘している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」