レアルとコロナ禍の今夏補強策 最大273億円の減収…久保の去就と“大物獲り”の行方は?

コロナ禍で減収となってしまった来季のレアル・マドリードのチーム構成に注目【写真:Getty Images】
コロナ禍で減収となってしまった来季のレアル・マドリードのチーム構成に注目【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】不測の事態に直面した名門 選手給与カットで職員の給与を保障

 今なお収束することのない新型コロナウイルスは、スペインの名門レアル・マドリードにも短期間で大きな影響を及ぼした。コロナ禍の約2カ月間、レアルはこの不測の事態にどのように対応したのか。

 スペイン政府が3月14日に発令した非常事態宣言により、スペイン全土がロックダウン(都市封鎖)され、全国民が一夜にして不要不急の外出を禁止された。この事態はスペインサッカー界にも大きく影響し、リーガ・エスパニョーラとスペインサッカー連盟はリーグ戦の無期限停止を発表した。

 ロックダウンの前日13日に、レアルはどのクラブよりも早く、練習場シウダー・レアル・マドリードの全施設を閉鎖した。その理由はバスケットボールチームのアメリカ人選手トレイ・トンプキンスが、新型コロナウイルスの陽性反応を示したからだ。サッカーとバスケットボールの両選手たちが、ジムやレクリエーション室、食堂など、様々な施設を共有しているからである。

 その後、中井卓大が所属する下部組織を含む、サッカーとバスケットボールの全チームの活動も無期限停止となり、選手、コーチングスタッフ、クラブ職員は自宅待機を命じられ、選手たちは自宅での個人トレーニングを余儀なくされた。

 リーグ戦無期限延期の発表当初、経営面が安定しているレアルは、バルセロナやアトレティコ・マドリードのような選手の給与カットを実施しない方針であった。しかし長引くロックダウンと、リーグ戦が再開された場合の無観客開催を予測し、予算削減を必要とした。そのためキャプテンのDFセルヒオ・ラモスを筆頭に、サッカーとバスケットボールのトップチームの選手たちが自主的に給与カットを行うことでクラブと合意。その内容は、リーグ戦再開の場合は10%カット、中止の場合は20%カットというものだった。

 2018-19シーズンのトップチーム給与総額は2億8300万ユーロ(約336億円)。そのため10%カットの場合は2800万ユーロ(約33億円)、20%カットの場合は5600万ユーロ(約66億円)の削減となる。この助けを借り、レアルの根底を支える800名を超えるクラブ職員の給与総額1億1100万ユーロ(約131億円)の満額支払いをクラブは保障した。

 その後、長きに渡るロックダウンが功を奏し始め、スペイン国内の感染者は減少していった。そのためリーガは段階的な練習再開に向けたプロトコルを作成。5月上旬より各チームが約2カ月ぶりに再始動した。レアルの選手たちも新型コロナウイルス検査に全員がパスし、11日よりシウダー・レアル・マドリードで練習を再開。そして24日にスペイン政府よりリーグ戦再開の許可が下り、6月半ばより開催される予定となった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング