バルセロナは「ライバルクラブに取って代わられた」 “若手輩出力”の低下を英紙指摘

バルセロナから若手の放出が盛んな訳とは…【写真:Getty Images】
バルセロナから若手の放出が盛んな訳とは…【写真:Getty Images】

16歳のDFマルク・フラード、16歳DFフアン・ラリオスにイングランド移籍が浮上

 バルセロナの若手流出が止まらない。英紙「デイリー・メール」は次世代のスター選手が次々とクラブを去っている状況について、「バルセロナはヨーロッパのライバルに取って代わられた」と指摘した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらを輩出してきたカンテラの選手たちは、今や別の欧州クラブでの成功を求めているという。

 バルセロナの育成組織「ラ・マシア」と言えば、過去に多くの名手を輩出してきた。現在のチームの中心であるメッシをはじめ、スペイン代表のMFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバ、そして黄金期を作ったMFイニエスタ(現ヴィッセル神戸)やMFシャビ(現アル・サッド監督)もそうだ。

 しかし、近年はカンテラから新たにトップチームに定着する選手の数は減少。生え抜き選手の昇格よりも、他クラブから高額移籍で引き抜いたブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWルイス・スアレスといった選手を重用する傾向にシフトしていることが、大きな影響を及ぼしている。

 直近ではU-17チームで台頭している16歳のDFマルク・フラードにマンチェスター・ユナイテッド移籍の浮上。クラブは残留を望むも、イングランド移籍が加速しているという。同様に期待の16歳DFフアン・ラリオスもマンチェスター・シティ移籍に近づいている。

 また、昨夏にはシャビの後継者と目されたMFシャビ・シモンズがパリ・サンジェルマンへ移籍。いずれトップチームへ復帰すると見られていた日本代表MF久保建英がレアル・マドリードへ電撃移籍した例もある。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング