元韓国代表FW、海外で「人種差別」被害 憤怒の過去告白「あまりに悲しかった」

試合翌日、同僚から投げかけられた思わぬ言葉 「怒ったク・ジャチョルは…」

 事件は翌日のトレーニングで起きたという。ク・ジャチョルは「控えのゴールキーパーが『ヘイ、チャイニーズ』と言って『どんな種類のサッカーをやってるんだ』『ナイスアシスト』と皮肉を言ってきた」と明かしている。

 当時の出来事に触れつつ、記事では「怒ったク・ジャチョルは監督に対して『人種差別を受けた』と抗議。それとともに『ビルト』や『キッカー』などのメディアインタビューで、冬にチームを無条件に離れたいと宣言した。監督はゴールキーパーに電話し、ク・ジャチョルに謝罪するように求めた」と記している。

 ク・ジャチョルは「そのゴールキーパーに電話で謝罪を受けた記憶がある」と回想し、夕食の招待も受けたという。ク・ジャチョルは「今考えても、それはあまりにも悲しかった」と吐露している。

 その一方、昨年の大韓サッカー協会(KFA)主催のイベントでも当時を回想していたク・ジャチョルは、「とても苦痛だったが、1日休んでロッカールームで大声で歌って勇気を出した。その後、選手たちと初めて一緒にご飯を食べに行き、殻を破るきっかけになった」と語っている。

 人種差別に心を痛めたク・ジャチョルだが、その後はドイツで長年プレー。自身のサッカーキャリアにおいてターニングポイントの一つになったようだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング