元韓国代表FW、海外で「人種差別」被害 憤怒の過去告白「あまりに悲しかった」

元韓国代表FWク・ジャチョル【写真:Getty Images】
元韓国代表FWク・ジャチョル【写真:Getty Images】

ドイツで長年プレーしたFWク・ジャチョル、ヴォルフスブルクでのエピソードを吐露

 元韓国代表FWク・ジャチョル(アル・ガラファ)は、元日本代表MF長谷部誠とも共闘したドイツのヴォルフスブルク時代について回想し、人種差別被害に遭っていたことを告白した。「今考えても、それはあまりにも悲しかった」と語っている。韓国紙「世界日報」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「ク・ジャチョルがブンデスリーガでプレー時に経験した人種差別について打ち明けた」と伝えたのは、韓国紙「世界日報」だ。現在アル・ガラファ(カタール)に所属する31歳のストライカーは2011年1月からドイツに渡ると、ヴォルフスブルク、アウクスブルク、マインツなどでプレーした。その間、長谷部やFW宇佐美貴史(ガンバ大阪)らとも共闘している。

 そんなク・ジャチョルが、自身が運営するYouTubeチャンネルのなかでインタビューを行い、ヴォルフスブルク時代について言及。記事では「良い活躍を見せたにもかかわらず、人種差別を経験して、チームを離れようとしていたエピソードを話した」と記している。

 発端は2013年9月21日、ブンデスリーガ第6節ホッフェンハイム戦だったという。本拠地フォルクスワーゲン・アレーナで行われた一戦で先発出場したク・ジャチョルだが、「その日は調子が良くなかった。あまり眠れず、自信がない状態で出場した。勝っていても、なんだか不安だった」という。

 そのなかで前半20分頃、ヴォルフスブルク陣内のボールをヘディングでゴールキーパーにバックパスしようと試みたが、ここでク・ジャチョルのミスから相手ストライカーにボールを奪われて失点。ク・ジャチョルはハーフタイムに交代するも、試合はヴォルフスブルクが2-1で逆転勝利を収めた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」