「一番才能ある」 マンU主将、ラッシュフォードの“飛躍”を確信「良い選手になる」

マンチェスター・ユナイテッドDFマグワイアがFWラッシュフォードを称賛【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドDFマグワイアがFWラッシュフォードを称賛【写真:Getty Images】

DFマグワイア、同僚ラッシュフォードを絶賛 「素晴らしいキャリアを送るだろう」

 マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めるイングランド代表DFハリー・マグワイアが、これまで一緒にプレーしたなかで最も才能のある選手に、クラブ、そして代表のチームメートであるイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを選んだ。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えている。

 名門の“10番”を背負う22歳のラッシュフォードは、7歳の時にユナイテッドの下部組織に加入。2016年2月、18歳の時に彗星のごとくトップチームデビューを飾り、そこから瞬く間に中心選手へと成長した。怪我のため、今季リーグ戦では1月11日に行われた第22節ノリッジ・シティ戦(4-0)を最後にピッチから遠ざかっているが、それまでに22試合14ゴールを記録している。

 ユナイテッド公式ポッドキャストの中で、“6人制サッカー”のベストメンバーを聞かれたマグワイアは、躊躇することなくラッシュフォードをピックアップした。

「以前にも言ったように、私はピッチで彼に驚愕した。これまでともにプレーしたなかで一番才能のある選手だ。代表チームにいる時は、いつもマーカスをとても褒める。彼のことは褒めても褒め足りないよ。きっと素晴らしいキャリアを送るだろう。

 彼に余計なプレッシャーをかけたくはないが、今もすでにそうであるように、マンチェスター・ユナイテッドにとって非常に良い選手になると思う。マーカスが自分のチームにいれば、彼は左、右、センターとゴールを決めまくるだろう」

 さらにマグワイアは、「クラブでは頼りになるキャプテンが必要だと思うが、リーダーシップという責任はチームのみんなが持つべき。マーカスはすべての試合を通して戦う。ひどい怪我を負ってしまったが、それでも彼は復帰するために一生懸命戦っている」と続け、ピッチの上だけでなく、慈善活動などピッチ外でも精を出すラッシュフォードに惜しみない賛辞を送っていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング