「日本は世界一の国だ」 元Jリーグ外国人FWが驚きと絶賛「信じられないほど…」

横浜F・マリノスで活躍をしたFWウーゴ・ヴィエイラ【写真:荒川祐史】
横浜F・マリノスで活躍をしたFWウーゴ・ヴィエイラ【写真:荒川祐史】

横浜FMで活躍したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが日本に最大級の賛辞

 かつて横浜F・マリノスに在籍していたポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラは、2年にわたって滞在していた日本について「清潔で、教育水準が高い」「選手を侮辱することもないし、観客が押し合ったりすることもない」と語り、「日本は信じられないほど素晴らしく、世界一の国だ」と絶賛している。ポルトガルメディア「Maisfutebol」が報じた。

 31歳となったウーゴ・ヴィエイラは、2017年にレッドスター・ベオグラードから横浜FMに加入。Jリーグ1年目にリーグ戦28試合10ゴール、2018シーズンに31試合13ゴールと活躍した。その後はトルコを経て、現在は母国のジル・ヴィセンテに所属している。

 ウーゴ・ヴィエイラは横浜FM加入について、「当時はたくさんのオファーがあったけど、日本行きを決めた。金銭的に良い条件だったのも事実」と明かした一方、「今の自分が知っていることを当時知っていたら、もっと早く日本に行っていたね。日本は信じられないほど素晴らしく、世界一の国だ」と最大級の賛辞を送っている。

 ポルトガル人FWはすっかり異文化に魅了された様子で、「日本はいつでも清潔で、教育水準が高い。僕だけじゃなく、多くの人が暮らしたいと思っている。僕も日本へ行きたいし、平穏な日々だったよ」と率直な思いを口にした。

 日々の生活だけでなく、試合でも日本文化の凄さを感じる出来事があったという。「セルビアでは殴られたり、侮辱されたりした(笑)」と冗談交じりに振り返りつつ、「でも日本は違うんだ」と印象に残った光景を説明している。

「6万人が入るスタジアムでも警察がいないんだ。選手を侮辱することもないし、観客が入場する際にきちんと列を作って、押し合ったりすることもない。子どもたちも安全にスタジアムへ行けるんだ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング