「彼が世界最高GKだ」 アーセナル守護神、強心臓ぶりを絶賛する“ナンバーワン”は?

アーセナルGKレノ(右)が絶賛したのはリバプールGKアリソン【写真:Getty Images】
アーセナルGKレノ(右)が絶賛したのはリバプールGKアリソン【写真:Getty Images】

アーセナルGKレノ、ライバルのリバプールGKアリソンに言及 「恐れることなく…」

 アーセナルのGKベルント・レノは、リバプールのブラジル代表GKアリソンこそが世界最高の守護神だと考えているようだ。ドイツ代表にも名を連ねる名手がアリソンの“強心臓”ぶりを称えている。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 2018年からアーセナルでプレーしているレノ。GK大国のドイツでも屈指のGKで、バイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアー、バルセロナのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンと並んで代表にも名を連ねている。

 そんな実力者が世界最高のGKとして考えているのが、欧州王者リバプールでレギュラーを張るアリソンだという。レノは「彼はあらゆる面で優れていて、スタッツも本当に素晴らしい。リバプールでたくさんのビッグゲームをプレーしている。間違いなく現時点で彼が世界最高のGKだよ」とその実力に太鼓判を押す。

 マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア、チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ、マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンなどプレミアリーグにもハイレベルなGKは数多く揃うが、その中でレノはなぜアリソンがナンバーワンと感じているのか。その特長については次のように語っている。

「彼らの頭の中では何をすべきなのか分かっていて、躊躇いがない。恐れることなく、試合を読み、決断している生まれつきのGKだ。彼の一つの大きな強みはハイプレッシャーのなかでも冷静さを保ち、自然体で、簡単な決断かのようにこなしてしまうところだ。常に完璧な解決方法や決断が求められるから、それは決して簡単なことではない。それこそが彼のクオリティーさ」

 レノは、その冷静さや緊張感のあるビッグゲームでもパフォーマンスが落ちない安定性の高さこそがアリソンの強みだとし、世界最高と主張する理由だと語っていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング