中村俊輔は「FKマスター」 セルティック時代のゴラッソを英厳選、1位は伝説の魔球弾

セルティック時代の中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代の中村俊輔【写真:Getty Images】

在籍4年間でリーグ優勝3回、CLでマンU撃破のFK弾を決めるなど大活躍

 J1横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、スコットランド1部セルティックでプレーした時代、地元ファンの心を鷲づかみにした。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で、強豪マンチェスター・ユナイテッド相手に決めた伝説の直接FK弾は今なお語り継がれているが、それに負けず劣らずのゴラッソを英メディアが称賛している。

 横浜マリノス(当時)でプロキャリアをスタートさせた中村は、2002年に海外挑戦。日本人史上4人目のセリエAプレーヤーとしてレッジーナで3年間プレーし、2005年にスコットランドへ渡った。

 セルティックでは在籍4年間でリーグ優勝3回、2006-07シーズンには年間最優秀選手に輝くなどレジェンドとして語り継がれる活躍を見せたが、なかでも2006年11月21日に行われたCLグループステージ第5節ユナイテッド戦(1-0)で決めた決勝FK弾は伝説として刻まれている。

 ただ、中村は他にも数々の印象的なゴラッソをマーク。バルセロナやレアル・マドリード、ユベントス、リバプールなど欧州5大リーグのビッグクラブと提携し、プレー動画を世界へ発信している英メディア「Dugout」は、それらを厳選して紹介している。

 その中に登場する一つは、年間最優秀ゴール賞にも選ばれた芸術的なループ弾だ。2006年12月26日のダンディー・ユナイテッド戦、エリア左でボールを受けた中村がゆっくりとした動きから左足を一閃。美しい放物線を描いた一撃が相手GKの頭上を越えてネットを揺らした。

 2007年4月22日の敵地キルマーノック戦で決めたリーグ優勝決定FK弾もピックアップされている。勝てばリーグ優勝というなか、1-1のまま後半アディショナルタイムを迎え、相手エリア手前でFKを獲得。中村が低い弾道のFKを放つと、ボールは左サイドネットに吸い込まれた。雄叫びをあげた中村はユニフォームを脱ぎ、そのまま観客席に突っ込んでファンや同僚と狂喜乱舞している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング