「世界的スターを連れてくる」 バイエルンSD、CL制覇の野望…今夏の“大物獲り”宣言

バイエルンの選手たちが喜ぶ様子【写真:Getty Images】
バイエルンの選手たちが喜ぶ様子【写真:Getty Images】

サリハミジッチSDがドイツ紙に語る 「CLで優勝したいんだ」

 バイエルン・ミュンヘンでスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏が、ドイツ紙「ヴェルト」のインタビューに応じ、そのなかで同クラブが世界的なスター選手の獲得に乗り出していることを明かした。

 今年1月に現シャルケ所属のU-21ドイツ代表GKアレクサンダー・ニューベルが今夏から加入することを発表したバイエルンだが、チーム力の底上げのためにさらなる補強が必要と考えているようだ。来シーズンに向けたチーム編成について問われたサリハミジッチSDは、「我々はヨーロッパ出身のトップクラスの若手を獲得してチームを強化したいと考えている。また、ワールドクラスの一流プレーヤーも1人ミュンヘンに連れてくるつもりだ」とコメント。具体的な名前こそ明かさなかったものの、ニューベル以外に若手の有望株1人、そして即戦力として活躍が期待できる有名選手1人の獲得を狙っていることを認めた。

 クラブ幹部が選手獲得に積極的になっている理由は、2012-13シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇が同クラブの中で至上命題になっていることにある。サリハミジッチSDも「経営が不安定にならない程度に」と前置きしたうえで、「私も他のクラブ関係者も、CLで優勝したいんだ」と語るなど、すでに7年近く遠のいている頂点の座に再び返り咲くという野望を隠さない。

 バイエルンの大物選手獲得を巡っては、昨年からマンチェスター・シティ所属のドイツ代表FWレロイ・サネの獲得がドイツやイングランドの現地メディアによって頻繁に噂されている。バイエルンはこれまでドイツ国内で活躍している選手を引き抜くことが多く、多額の移籍金をつぎ込んで国外クラブ所属選手の獲得に乗り出すことは少ないが、今夏はスター選手を巡って欧州の他のビッグクラブとの争奪戦も辞さない構えのようだ。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング