ロナウド、“本物問題”について言及…C・ロナウドに同情 「ウンザリしているだろうね」

かつてレアル・マドリードなどで活躍したロナウド氏が、C・ロナウドについて言及【写真:Getty Images】
かつてレアル・マドリードなどで活躍したロナウド氏が、C・ロナウドについて言及【写真:Getty Images】

カンナバーロとのインタビューに応じ“ロナウド問題”について語る

 レアル・マドリードなどで活躍した元ブラジル代表のFWロナウドが、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの間にある“本物のロナウド”の話題について語った。英紙「デイリー・メイル」が報じている。

 サッカー史には、名前を残す2人の“ロナウド”が存在している。“初代”ロナウドは、ブラジル代表として長くにわたって活躍したが、彼の引退後、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドが世界最高峰の活躍を見せるようになり、問題が勃発した。

 元ブラジル代表のロナウドは、21歳になるまでFIFA世界最優秀選手賞を3度受賞した。だが、その記録はC・ロナウドに塗り替えられることとなった。元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏とのインタビューに臨んだロナウド氏が、このロナウド問題について言及した。

「クリスティアーノは、僕が『本当のロナウド』と呼ばれていることについては、ウンザリしているだろうね。異なる人は、比較できないよ。クリスティアーノは、その挙げてきたゴール数や収めてきた継続的な成功で、サッカー史に名を残し続けるよ。彼はメッシのように、サッカー史最高の選手の一人として称され続けるよ」

 ポルトガル代表FWを称えたロナウド。個人タイトルの数では、クリスティアーノ・ロナウドに及ばないが、ブラジル代表として1994年と2002年のワールドカップを2度制している。ヒザの負傷に苦しめられ、苦しいキャリアの晩年を過ごしたロナウドに対し、ここまで大きなケガがほとんどないC・ロナウドは、今季もセリエAが中断するまで22試合21得点を挙げるなど、35歳の今も安定した活躍を続けている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング