元バルサFW、メッシのクラブ経営関与の報道を否定 「キャプテンとして話すだけ」

昨シーズンバルサでプレーしたマルコム(左)がメッシを擁護【写真:Getty Images】
昨シーズンバルサでプレーしたマルコム(左)がメッシを擁護【写真:Getty Images】

18-19シーズンに所属したマルコムがロッカーの様子を明かす「主将として話すだけ」

 ロシア1部ゼニトのブラジル代表FWマルコムは、2018-19シーズンにスペインの名門バルセロナに所属していた。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがクラブ経営に影響しているとの報道を受けて、あくまでキャプテンとして振舞っているだけだと説いている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 元スペイン代表DFジェラール・ピケ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そしてメッシの4人はバルセロナの中でも特にロッカールームで発言力のある選手に挙げられる。1年間ながらバルセロナに所属したマルコムは、スペインラジオ局「カデナ・セール」でロッカールームの実情を明かした。

「ロッカールームにそれほどの力はない。レオ(メッシの愛称)は会長のように振る舞ったりはしない。彼はただチームのキャプテンとして話すだけだ」

 そのメッシも現在、新型コロナウイルスの影響で自宅での日々を余儀なくされている。スペインはロックダウン(都市封鎖)し、中断しているリーグ戦も再開の目途はいまだ立っていない状況だ。

 マルコムは「外出制限の悪いことの一つは、メッシを見られないことだ。きっと彼は40歳になるまでプレーすると思う」と話している。

 32歳のメッシは2021年以降に関して、まだバルセロナとの契約にサインしていない。新型コロナウイルスによる財政面の影響が懸念されており、クラブとしても予断を許さない状況が続きそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も