元バルサFW、メッシのクラブ経営関与の報道を否定 「キャプテンとして話すだけ」

昨シーズンバルサでプレーしたマルコム(左)がメッシを擁護【写真:Getty Images】
昨シーズンバルサでプレーしたマルコム(左)がメッシを擁護【写真:Getty Images】

18-19シーズンに所属したマルコムがロッカーの様子を明かす「主将として話すだけ」

 ロシア1部ゼニトのブラジル代表FWマルコムは、2018-19シーズンにスペインの名門バルセロナに所属していた。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがクラブ経営に影響しているとの報道を受けて、あくまでキャプテンとして振舞っているだけだと説いている。

 元スペイン代表DFジェラール・ピケ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そしてメッシの4人はバルセロナの中でも特にロッカールームで発言力のある選手に挙げられる。1年間ながらバルセロナに所属したマルコムは、スペインラジオ局「カデナ・セール」でロッカールームの実情を明かした。

「ロッカールームにそれほどの力はない。レオ(メッシの愛称)は会長のように振る舞ったりはしない。彼はただチームのキャプテンとして話すだけだ」

 そのメッシも現在、新型コロナウイルスの影響で自宅での日々を余儀なくされている。スペインはロックダウン(都市封鎖)し、中断しているリーグ戦も再開の目途はいまだ立っていない状況だ。

 マルコムは「外出制限の悪いことの一つは、メッシを見られないことだ。きっと彼は40歳になるまでプレーすると思う」と話している。

 32歳のメッシは2021年以降に関して、まだバルセロナとの契約にサインしていない。新型コロナウイルスによる財政面の影響が懸念されており、クラブとしても予断を許さない状況が続きそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング