久保建英、「らしさを表現できる」新天地は? 海外記者が「成長に適した場所」を断言

マジョルカでプレーするMF久保建英の来季の新天地に注目だ【写真:Getty Images】
マジョルカでプレーするMF久保建英の来季の新天地に注目だ【写真:Getty Images】

来季の新天地に注目が集まる久保、海外ジャーナリストが「レアル・ソシエダ」推薦

 マジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英は、来季に向けて保有権を持つ名門レアル・マドリードをはじめ、様々なクラブが新天地候補として挙がっている。現地で取材をしているジャーナリストのアレックス・フィッツパトリック氏は、「久保の成長に適した場所」としてあるクラブ名を挙げている。海外メディア「Football Elements」が報じた。

 現在18歳の久保は、昨夏にFC東京からスペインの強豪レアル・マドリードへ完全移籍。シーズン開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラ挑戦1年目は24試合3ゴール2アシストの結果を残している。

 若きアタッカーの去就を巡って噂が飛び交うなか、海外メディア「Football Elements」の取材に応じたフィッツパトリック氏は「今季のマジョルカは、久保にとって経験を積むのに適した場所だった」と指摘しつつ、「来季は久保が自分らしさを表現できるような、攻撃的なサッカーを展開するチームでプレーすることが求められる」と主張する。

 複数のクラブが新天地として挙がるなかで、「来季もまた期限付き移籍するのが彼の成長にとって一番良いことだと思う」と言及。レアルから再び武者修行に出るのが最良の選択としつつ、フィッツパトリック氏は「来季、レアル・ソシエダが久保の成長に適した場所になる」と断言している。

 その背景として注目しているのが、レアルからレアル・ソシエダに期限付き移籍しているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング