ユベントスの20歳新星FW、1年でイタリア帰還へ ラウタロ退団危機のインテルが候補

エバートンでプレーするFWモイーズ・キーン【写真:Getty Images】
エバートンでプレーするFWモイーズ・キーン【写真:Getty Images】

伊代表FWモイーズ・キーン、イタリア帰還を望んで代理人のライオラ氏に調査を依頼

 プレミアリーグのエバートンに今季加入した20歳のイタリア代表FWモイーズ・キーンが、1シーズンでイタリアへ帰還する意向があるようだ。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

 キーンはイタリア王者ユベントスでデビューし、19歳でA代表にも名を連ねて“イタリアの新星”と呼び声が高かった。そして、今季開幕前の移籍市場で母国を離れてプレミアリーグへの挑戦を決断していた。

 しかし、わずか1シーズンでイタリアに戻ることを望み、代理人のミノ・ライオラ氏を通じてセリエAの各クラブに意向の調査をしているという。記事によれば、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが流出する可能性があるインテルが浮上したという。

 エバートンは約3000万ユーロ(約36億円)+ボーナスという条件でユベントスから獲得したとされるが、現状ではボーナス条件を1シーズンで満たす可能性は極めて低い。そのため、インテルは1年分の償却を考慮に入れた2500万ユーロ(約30億円)で獲得が可能だと見られている。

 ユベントスはFWの人員整理を必要としながらも、国内のライバルにキーンを譲ることを敬遠したという報道もあった。それだけに、わずか1シーズンで新星がインテル行きとなれば、目算は大きく狂うことになるだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング