アーセナル、12.5%の選手減俸で合意と英報道 プレミアでは初…高額インセンティブ付きか

インセンティブ付きで12.5%の選手減俸で合意か【写真:Getty Images】
インセンティブ付きで12.5%の選手減俸で合意か【写真:Getty Images】

CL出場&優勝やEL優勝によるインセンティブが付帯と伝えられる

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルの選手が年俸の12.5%カットの受け入れで合意に向かっていると、英公共放送「BBC」が報じた。減俸の代わりに、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得などの結果に応じ、高額インセンティブ報酬が支払われるという。

 新型コロナウイルスの大流行により、プレミアリーグは3月13日から無期限での中断が決まった。シーズン再開の目処も立っておらず、各クラブは財政的に大きな打撃を受けている。

 プレミアリーグは各クラブに選手の年俸30%カットの提案をしているが、プロサッカー選手協会が税収減少を懸念して反対。選手も反対の意志を示しており、サウサンプトンなど一部クラブは給与の支払い延期の措置を取っていたが、減俸の受け入れを決めたクラブはまだなかった。

 しかし、「BBC」はアーセナルがプレミアリーグで最初に給与カットで合意するクラブになると報じた。記事によれば、選手は12.5%の給与カットを受け入れることになるという。

 ただし、減俸を行う代わりにクラブは来季のCLやヨーロッパリーグ(EL)での結果に応じて高額なインセンティブを選手に支払うとも伝えられている。

 英紙「デイリー・ミラー」が報じたところによれば、インセンティブは来季のCL出場権獲得で10万ポンド(約1350万円)。さらに次のシーズン(2020-21シーズン)のCL優勝で50万ポンド(約6700万円)、EL優勝で10万ポンドが支払われるという。

 アーセナルは中断時点でプレミアリーグ9位。10試合を残し、CL出場圏の4位チェルシーとは勝ち点8差、EL出場圏の5位マンチェスター・ユナイテッドとは同5差の位置に付けている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング