“英雄”ジェラード、リバプールで“刺激的”だったFWに言及 「8番としての力を…」

スティーブン・ジェラードが刺激的だと感じた選手とは?【写真:Getty Images】
スティーブン・ジェラードが刺激的だと感じた選手とは?【写真:Getty Images】

オーウェン&トーレスを“最も刺激を受けたアタッカー”に選出

 元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)が現役時代を振り返り、リバプールで同僚だった元イングランド代表のマイケル・オーウェン、元スペイン代表のフェルナンド・トーレスの両FWが、選手としての力を最大限に引き出してくれたと語っている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 リバプールの下部組織で育ち、トップチームで17シーズンにわたりプレーしたジェラード。リーグタイトルの獲得こそ叶わなかったが、キャプテンとして2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献するなど、レジェンドとしてクラブの歴史に名を刻んだ。

 ジェラードは「スカイ・スポーツ」の番組で、元イングランド代表MFジェイミー・レドナップ氏からピッチ上で最も刺激を受けたリバプールのアタッカーについて問われると、オーウェンとトーレスを挙げた。

「マイケルとは若い頃に一緒にプレーした。キャリアの中でもう少し長く一緒にプレーしたかったが、マイケルとは同じ考えや同じ波長を持っていた。どこにボールを送るのか、彼がどこに走っているのかをわざわざ見る必要はなかったよ。

 僕がポジションを前に移して、10番としてプレーしていた時にはトーレスとも同様の関係だった。(ルイス・)スアレスと一緒にプレーしていた時とは異なる役割だった。僕はより深いポジションをとり、スアレスには周りにフィリペ・コウチーニョやダニエル・スターリッジのような創造性のあるタレントが必要と考えていた。オーウェンとトーレスは、私の8番としての力を最大限に引き出してくれた選手だと言えるだろう」

 イングランド代表でも活躍し、“ワンダーボーイ”と称されたオーウェンと、J1サガン鳥栖でもプレーしたトーレス。リバプールでの活躍で“世界最高のMF”との評価も得たジェラードにとって、この両FWは欠かせない存在だったようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング