ジェラード、新型コロナ感染のリバプール“英雄”にエール 「キング、早く良くなって」

かつての監督であるダルグリッシュ氏にリバプールの英雄ジェラードがメッセージ【写真:Getty Images】
かつての監督であるダルグリッシュ氏にリバプールの英雄ジェラードがメッセージ【写真:Getty Images】

2011年から約1年半、ダルグリッシュ政権下のリバプールで共闘

 リバプールは、かつて同クラブで監督と選手を務めた元スコットランド代表FWケニー・ダルグリッシュ氏が、新型コロナウイルスに感染し入院したことを発表。これを受けて、同じくリバプールOBの元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)が、ダルグリッシュ氏に向けてメッセージを送った。英紙「メトロ」が報じている。

 ブラックバーンの監督としてプレミアリーグを制した実績を持つダルグリッシュ氏は、新型コロナウイルスに感染し、現在は入院中。ただ、彼の家族によると、症状は表れていないという。

 ダルグリッシュ氏は第一線から退くまで、選手としても、監督としても、数々のトロフィーを獲得。プレーヤーとしては、セルティック時代に複数のタイトルを獲得したのち、リバプールでは6度のリーグ優勝を経験。さらにFA杯、リーグカップ(4回)、ヨーロッパ・スーパーカップを制し、欧州制覇も3度成し遂げている。監督としてはリバプールで3度のリーグ優勝、2度のFA杯優勝を成し遂げ、ブラックバーンでプレミアリーグ制覇も成し遂げた。

 リバプールの”英雄”であるジェラードは、ダルグリッシュ氏が2011年から約1年半リバプールの監督を務めた際にプレー経験があり、自身の公式インスタグラムを通じて「キング、早く良くなって」と、メッセージを送った。また、元イングランド代表FWスタン・コリモア氏も自身の公式ツイッター上で「キングと家族の最善を祈ります」と、綴っている。

 ダルグリッシュ氏の家族は「ケニーは4月8日の水曜日に、感染症治療のために抗生物質を静脈内に投与するため、入院しました。その手続きに沿って検査を受けたところ、彼は症状が出ていなかったにもかかわらず、COVID-19(新型コロナウイルス)の検査を受け、予想外にも陽性反応が出ました。彼は無症状のままです」と、声明を発表している。

 サッカー界でも増え続けている新型コロナウイルスの感染者。現在、世界各国でリーグ戦が中断されているが、いつになったら再開する日が訪れるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング