「リーガに戻るには最高の年齢」 元バルサMF、日本からの再挑戦を示唆「僕の目標はスペイン」

元バルセロナMFイサック・クエンカ【写真:Getty Images】
元バルセロナMFイサック・クエンカ【写真:Getty Images】

今季仙台に加入したMFクエンカは近々母国スペインへ? 「それが常に優先事項だ」

 昨季サガン鳥栖でプレーしたMFイサック・クエンカは今季ベガルタ仙台に加入したが、右膝の負傷により母国スペインで手術を受けた。しかし、新型コロナウイルスの影響で日本に戻れずにいるなか、スペイン紙のインタビューに応じ、今後のキャリアについて言及。「僕の目標はスペインに戻ることだ」とリーガ・エスパニョーラへの再挑戦を見据えていることを明かしている。

 バルセロナの下部組織で育ったクエンカは、2011年にトップチームでデビューを果たした。当時バルセロナを率いていたジョゼップ・グアルディオラ監督が発掘した逸材として公式戦30試合に出場したが、2012年に右膝に重傷を負って歯車が狂うと、2014年には完全移籍で退団し、数多くのクラブを経て、2019年に鳥栖へと加入した。

 昨季鳥栖は15位で終え、クエンカはリーグ戦6ゴールを記録し、厳しい残留争いのなかでチームを救う活躍を披露。大きな貢献を残した。今季から仙台に活躍の場を移したが、スペイン紙「エル・エスパニョール」のインタビューでは、今後母国のスペインに復帰するプランも検討していることを明かしている。

「僕はまだ28歳だがスペイン、リーガ・エスパニョーラに戻るには最高の年齢だと考えている。僕にとってはそれが常に優先事項だ。物事は現状に沿った決断を下さなければならないが、僕の目標はスペインに戻ることだ。33歳過ぎくらいまでは素晴らしいシーズンを過ごすことができるはずだ。38歳で最高の舞台に立っているホアキン(・サンチェス/ベティス所属)のような選手もいるからね」

 バルセロナの下部組織で育ち、2011年にトップチームでプレーしたクエンカは当時ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)にも実力を評価され主力として活躍したが、2012年での右膝の重傷をきっかけに右肩下がりのキャリアを歩むことになった。クエンカは日本での再起をきっかけに、スペインの舞台への再挑戦を見据えているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング