元レアルGKカシージャス、英雄集う“夢のクラシコ”開催を呼びかけ イニエスタも賛同

元レアルGKカシージャス(右)の提案にイニエスタも賛同【写真:Getty Images】
元レアルGKカシージャス(右)の提案にイニエスタも賛同【写真:Getty Images】

新型コロナウイルスの影響を受ける人々のためにチャリティーマッチ開催を呼びかけ

 元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏が自身の公式ツイッターで、新型コロナウイルスの影響により、苦しむ人々のためのチャリティーの一環として、バルセロナとレアル・マドリード出身者による「エル・クラシコ」の開催を呼びかけた。これにバルサのレジェンドで元スペイン代表のヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタらスター選手が賛同した。

 事の発端はラ・リーガ公式ツイッターが投稿した元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(現アル・サッド監督)のスーパープレー集動画だった。「シャビのプレーを見るのは実に楽しい」とコメントが添えられたツイートに、バルセロナでシャビと同僚だったイニエスタが「5メートルの距離で見ているとさらに素晴らしい」とハートの絵文字付きで反応した。

 同じくバルサ時代の同僚である元スペイン代表DFカルレス・プジョルがシャビとイニエスタの2人を数メートル後ろから見ていたと会話に加わると、さらに元レアル・マドリードGKカシージャスが「この悪夢が過ぎ去ったら一緒にビンテージのクラシコをプレーすべきだ!」と新型コロナウイルスで苦しむ人々のためとして、チャリティーマッチの開催を呼びかけた。

 これにはイニエスタもすぐに「僕も力になるよ」と返信。さらに元バルセロナのモナコMFセスク・ファブレガスも「審判は誰がやるんだ……?」とノリノリで反応した。

 カシージャスのチャリティーマッチ開催呼びかけのツイートはすでに3万6000件以上のリツイートがあり、18万超えのいいね!がつくなど大反響を呼んでいる。不安な日々を過ごす国民には大きな希望を与えているようだ。

 スペインでは新型コロナウイルスの感染者数が世界第2位で約13万1000人に及び、死者数も1万2000人に達するなど深刻な被害が出ている。今は一日でも早いウイルス流行の収束を願うばかりだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング