ユーベ、マンCジェズス獲得へ ペップが獲得を望んだD・コスタを交換要員に準備か

ユベントスFWドウグラス・コスタとマンチェスター・シティFWガブリエル・ジェズス【写真:Getty Images】
ユベントスFWドウグラス・コスタとマンチェスター・シティFWガブリエル・ジェズス【写真:Getty Images】

ペップが2018年に獲得を望んだコスタを駒に、ブラジル代表FWジェズス獲りへ

 イタリア王者ユベントスは、来季に向けた補強の課題をストライカーに設定。マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスがターゲットとされるが、交渉カードにブラジル代表FWドウグラス・コスタが含まれるとイタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 ユベントスは今季終了後にアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが契約満了となり、退団が見込まれる。そして、補強ポイントにポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとコンビを組めるストライカーを挙げているなかで、ジェズスの名前が浮上してきた。

 そこにはシティがUEFA(欧州サッカー連盟)主催大会2シーズンの出場停止処分を科されたことも背景にある。そのことで、上訴の行方次第では主力選手であるジェズス獲得の可能性が上げられるという判断が報じられてきた。

 そして、記事ではシティのジョゼップ・グアルディオラ監督が2シーズン前、コスタがユベントス移籍を決めたタイミングでの獲得を望んでいたことを背景に、ジェズス獲得のための交渉カードに含めるプランがユベントスに生まれたとしている。

 コスタは今季の中断前時点でリーグ戦の出場が14試合、プレータイムが515分という状況から、不可欠な存在とまでは表現できない立場にある。中盤の人材が豊富にいるユベントスだけに、交渉カードとして提案される可能性は十分にあると言えそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング