Jリーグ、再開日程“白紙”で合意 J1再開は6月以降か…村井チェアマン「マインドをリセット」

新型コロナ感染リスクを考慮し、Jリーグ再開日程は白紙に【写真:石倉愛子】
新型コロナ感染リスクを考慮し、Jリーグ再開日程は白紙に【写真:石倉愛子】

臨時合同実行委員会が開催され、再開日程の白紙が決定

 Jリーグは3日、「第5回臨時合同実行委員会」を行い、会見に村井満チェアマンが出席した。4月25日にJ3、5月2日にJ2、5月9日にJ1が再開予定だったが、白紙に戻すことで合意。再開は「少なくとも1カ月以上の間隔をあける」ことから、早くても5月末以降、J1に関しては6月以降にずれ込むことで協議していくこととなった。

 この日、JリーグとNPB(日本野球機構)は、新型コロナウイルス対策連絡会議の第5回会合と合同会見を開催。座長の賀来満夫氏東北医科薬科大特任教授が率いる専門家チームの助言を受け、Jリーグは臨時で合同実行委員会を行った。再開の日程は白紙に戻り、J1は早くても6月以降の再開となることが予想される。

 従来は、J3からJ2、J1へと三段階で再開していく予定だったものの、この日、専門家からの助言を受けた村井チェアマンは「トーンが明らかに変わっていた。私たちのマインドもリセットしないといけない」と語った。これまでは、感染が確認されていない地域での再開や、無観客試合も検討されていたが、選手の感染リスクも考え「段階的なスタートそのものが難しいという先生方からのメッセージを受け取った」として、J1~J3全カテゴリーで同時に再開する可能性も出てきた。

 現段階では、ルヴァン・カップの廃止など「大会を見直すことまでは想定していない」という。Jリーグからも感染者が出たことで、さらに意識は高まり、再開時期は不透明となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング