ファン・ペルシー、古巣マンUの方針に苦言 「チーム全体が脆弱になってしまう」

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたファン・ペルシーがチームの方針を批判【写真:Getty Images】
かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたファン・ペルシーがチームの方針を批判【写真:Getty Images】

リバプールの手法と比較し、ユナイテッドのスターを中心としたチーム構築を批判

 マンチェスター・ユナイテッドのクラブOBである元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー氏が、現在プレミアリーグで首位に立つリバプールと古巣を比較。「リバプールはユナイテッドにない哲学を持つことで、大きな総合力を生み出すことができる」と語り、ユナイテッドの方針を批判した。フランス誌「SO FOOT」が伝えている。

 ユナイテッドはアレックス・ファーガソン監督が去って以降、優勝争いにもなかなか加わることができないシーズンが続いている。一方、リバプールはユルゲン・クロップ監督就任後にプレミアリーグで優勝争いを演じ、昨季はUEFAチャンピオンズリーグを制覇。今季も2位に勝ち点差25を付けて首位を走っている。

 ファン・ペルシー氏は「SO FOOT」のインタビューで近年の両チームの選手獲得に対する哲学を比較し、リバプールを「クロップ監督が選ぶ選手は、マーケティング面ではなく、彼の哲学に沿った選手でなければならなかった。彼らは監督というスポーツプロジェクトの上にクラブを築いたんだ」と分析。一方でユナイテッドについては「彼らは(フランス代表MFポール・)ポグバや(チリ代表FWアレクシス・)サンチェスのようなスターの名前に賭け、その周りにチームを構築することを考えていた」と主張した。

 さらにファン・ペルシー氏は、「それは一つの方法だが、スター選手が怪我をしたり、適応できなかったりすると、チーム全体が脆弱になってしまう」とユナイテッドの手法の問題点を指摘。「リバプールはユナイテッドにない哲学を持つことで、大きな総合力を生み出すことができる」と語り、ユナイテッドの方針が功を奏していないと批判している。

 改善に向けては「オレ・グンナー・スールシャール監督が哲学を持つことができるか」と見解を示したファン・ペルシー氏。クラブのレジェンドが望むように、ユナイテッドはチームとしての哲学を示すことができるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング