G大阪「45選手の最新市場価格ランキング」 目玉補強の昌子が3.6億円で1位、宇佐美が追随

G大阪で最新市場価格上位の昌子源(左)と宇佐美貴史【写真:高橋学】
G大阪で最新市場価格上位の昌子源(左)と宇佐美貴史【写真:高橋学】

【J1クラブ別推定市場価格|G大阪編】昨年比で総額は下落も行き届いた補強でチーム力アップ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により中断されている今季のJ1リーグは、5月9日からの再開を目指している。現状ではまだ1試合しか行われていないため、各チームの戦力をしっかりと把握できていないファンも多いだろう。再開までの時間を利用し、ここでは視点を変えてチームの戦力分析をしてみたい。

 ドイツの移籍専門サイト「transfermarkt」が更新している選手の“市場価格”は、その選手の価値を測るために評価を数値化したものであり、“推定移籍金”に近い意味を持っている。この市場価格をチームごとにまとめて比較・分析することで、J1リーグにおける各チームの戦力が見えてくる(※登録選手リストはJリーグ公式サイトを参照)。

■ガンバ大阪(昨季7位)
選手市場価格総額:25億8900万円
チーム内最高額選手:昌子源(3億6000万円)

 チームの選手市場価格総額を昨年よりも6億6000万円ほど下落させている。その大きな要因は昨季の助っ人外国人選手で、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(→メルボルン・シティ)が昨季のチーム内1位で10億8000万円、スペイン人FWダビド・コンチャ(→バダホス)が9600万円の評価を受けていた。

 しかし、両者の昨季の成績を考えれば、市場価格が示すほど大きな戦力ダウンとは言えないだろう。むしろ、市場価格こそ低かったもののFW中村敬斗(トゥエンテ)やMF食野亮太郎(ハーツ)の放出のほうが、痛手だったと言えそうだ。

 目玉となるべき補強が行われた昨季だったが、今季も同様に話題となる補強が行われた。トゥールーズからDF昌子源を獲得。市場価格は3億6000万円と2位のFW宇佐美貴史(1億8000万円)に大差をつけて、チーム内1位の評価を受けている。

 その昌子源とディフェンスラインを形成することになるDF三浦弦太(1億6800万円/3位タイ)やDFキム・ヨングォン(1億800万円/8位タイ)の評価も高い。そこに日本代表GK東口順昭(1億4400万円/5位タイ)が加われば、強固な守備網を築くことになるだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング