スーパースターがユニークな練習方法を披露 イニエスタは愛妻と“リズム”筋トレを「達成」

(左から)デ・ブライネ、イニエスタ、アレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images&高橋学】
(左から)デ・ブライネ、イニエスタ、アレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images&高橋学】

新型コロナウイルスの影響で“隔離”が続くなか…続々とSNSでトレーニング法を公開

 現在、世界中で新型コロナウイルスが蔓延し、サッカー界でも大きな影響を受けている。日本をはじめ各国のリーグが中断を余儀なくされ、欧州では自宅待機のクラブが多くを占める。そんななか、選手はSNSを通してさまざまな“オフの過ごし方”を投稿。スーパースターたちが超絶スキルを見せたり、家族とユニークなトレーニングを行ったりしてファンを楽しませている。これを「DAZN」が特集した。

 プレミアリーグ首位を走るリバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドは正確なキックをインスタグラムで披露。庭のような場所で数メートル先の穴を目がけてボールを蹴り入れており、最後はクールに決めている。

 女子サッカー選手も積極的に技術を公開。ウェストハムのスイス代表FWアリーシャ・レイマンは流行のトイレットペーパーを使ったリフティングに挑戦。右足にトイレットペーパーを乗せた状態から高く蹴り上げ、左足を回してキャッチする技を見事に成功させた。

 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは和やかなトレーニングシーンを投稿している。座って膝を伸ばした状態で我が子たちを足の上に乗せ、上下させる。ポンポンと弾む様子に子供たちは満面の笑みを浮かべており、公式インスタグラムには「子供たちとともにクリエイティブなレッグデー」と、可愛い“トレーナー”たちと筋トレに励み反響を呼んだ。

 また、日本からもヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、愛妻のアンナさんと息の合ったリズミカルなトレーニング法を公開。腕立ての状態から音楽に合わせて肘をついて体を動かし、相手とハイタッチを混ぜたり、相手の下を転がったりと、楽しみながら体幹を鍛える方法を伝授した。イニエスタは「チャレンジ達成」と綴っており、さまざまな有効な時間の使い方を、インスタグラムなどを通して発信している。

 新型コロナウイルスの影響により、世界的に試合の再開は不透明だが、スーパースターの貴重な自宅でのトレーニング方法など、一流の技術も垣間見れるオフシーンの注目度はまだまだ高まりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング