アルゼンチン代表FWイカルディ、再びチーム探し? PSGが84億円オプション行使せず

PSGに期限付き移籍中のマウロ・イカルディ【写真:Getty Images】
PSGに期限付き移籍中のマウロ・イカルディ【写真:Getty Images】

インテルからPSGへ期限付き移籍中のイカルディ、PSGの判断により所属先が不透明に

 イタリアの強豪インテルから期限付き移籍中のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディについて、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)は買い取りオプションを行使しない方針だという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

 イカルディは昨季のうちに契約延長を巡ってクラブと対立。妻で代理人のワンダ・ナラ氏はSNSなどでクラブ批判を展開して炎上する事態になり、当時のルチアーノ・スパレッティ監督からは主将の座もはく奪された。今季のプレシーズンがスタートする時点で、インテルのクラブ幹部は公式に“戦力外”を語る異例の事態になっていた。

 そのなかでイカルディ夫妻の希望はイタリアでの国内移籍だったが、インテルがそれに難色を示した。契約期間中の飼い殺しも辞さない姿勢を見せたインテルの態度が誤算だったイカルディだが、最終的にはPSGが買い取りオプション付きの期限付き移籍で獲得するという展開だった。

 そのイカルディはPSGでリーグ戦は20試合12ゴール、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では6試合5ゴールという結果は残している。しかし、PSGは7000万ユーロ(約84億円)が必要な買い取りオプションは行使しない方針を固めたようだ。

 イカルディと相思相愛と見られたユベントスは、今季限りで契約満了に伴いアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが退団する可能性が高いことから、再びイカルディの獲得を目指す可能性はあるとしている。しかしながら、インテルが国内のライバルにイカルディを渡したくない状況は変わっていない。

 一度はパリに新天地を得たイカルディ夫妻だが、今夏には再びチーム探しの苦しい時間を過ごすことになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング