メッシも俊輔も“利き足”で磨いた別格の武器 「器用」を優先させる指導方針に疑問符

バルサのメッシが左足でボールを扱う様子【写真:Getty Images】
バルサのメッシが左足でボールを扱う様子【写真:Getty Images】

【識者コラム】世界では利き足が優先、イニエスタもモドリッチも逆足はほとんど使わない

 なでしこジャパン(日本女子代表)が苦戦している。シービリーブス・カップ初戦では、本来のポジションではないサイドバックで起用された遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)のサイドから失点し、スペインに1-3で完敗した。

 高倉麻子監督は年代別代表の時代から、遠藤を非常に高く買っている。たぶん今回は鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)が故障中ということもあり、遠藤を新境地に挑戦させた。だが反面、遠藤は1列前のアタッカーとして国際舞台に出場しても壁を破れずにいた。スピードあるレフティーとして稀少価値を認められているのだが、肝心な利き足のキープ力が未成熟で、1対1で仕掛けても不得意な右足に逃げてミスが出る。結局縦への突破に自信が持てなくなると、バックパスで逃げるという悪循環にはまっていた。

 なでしこジャパンの選手たちは、良く言えば器用だ。遠藤に限らず、同じレフティーの杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)も右足を頻繁に使うし、籾木結花(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)も右足のキックを厭わない。引退した宮間あやさんや、U-20日本女子代表として活躍した田中陽子(スポルティング・ウエルバ)も両足でFKを狙えた。

 だが世界を見渡せば、男子でもウスマン・デンベレ(バルセロナ)のように利き足の判別が難しい選手はほとんど存在しない。ディエゴ・マラドーナ氏やリオネル・メッシ(バルセロナ)が左足でボールを扱うのは誰もが分かっていても止められなかったし、日本でも中村俊輔(横浜FC)や名波浩氏は左足1本で別格のファンタジーを備え、それが十分に武器として輝いていた。

 かつてブラジルに渡りポルトゲーザでプロ契約をした檜垣裕志氏によれば、基本的に南米には利き足以外を使う選手はいないという。「原点が遊びなので、ボールを奪われないことが優先されるので、自然と利き足を使ってキープすることが身に着く」そうである。ただし前述のメッシは言うに及ばず、育成組織が整備されたバルセロナで育ったアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)やシャビ・エルナンデス氏も、実は厳しい局面で逆足を使うことはほとんどない。2010-11シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝で、シャビ氏は364回ボールに触れ、逆足のタッチは37回。特に2タッチ目と3タッチ目に絞れば、合わせて3度しか逆足を使っていない。一見器用そうな印象を与え、四方からプレッシャーを受けるMFでプレーするルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)でも、ロシア・ワールドカップ決勝で90%以上は右足でさばいている。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング