宇佐美貴史が考える昌子源の“存在価値”とは? 「言わんでも分かり合えるところはある」

ガンバ大阪FW宇佐美貴史が新加入のDF昌子源について語った【写真:齊藤友也&高橋学】
ガンバ大阪FW宇佐美貴史が新加入のDF昌子源について語った【写真:齊藤友也&高橋学】

【インタビュー|第3回】G大阪ジュニアユース同期の2人が同じチームで再会

【第1回|逆襲に燃える今季の目標は?】

【第2回|G大阪“変革”のキーマンを指名】

 昨季7位に終わった“西の雄”ガンバ大阪は今季、フランス1部トゥールーズから日本代表DF昌子源を獲得したほか、MF小野裕二(←サガン鳥栖)らを獲得。そんななか、昨夏ドイツ1部アウクスブルクから復帰したエースFW宇佐美貴史が、Football ZONE webの単独インタビューに応じた。今季の展望や新チームの印象など、宇佐美の“本音”をお届けする。第3回は「G大阪の昌子源」――。

 2月3日にビッグニュースが飛び込んできた。G大阪がフランス1部トゥールーズから、昌子を完全移籍で獲得することを発表。今冬の目玉補強と言える日本代表クラスの大型補強に、Jリーグファンは色めき立った。古巣の鹿島アントラーズや日本代表などで見せてきたリーダーシップが期待されるなか、注目はやはり宇佐美との“共闘”だ。

 宇佐美と昌子は同じ1992年生まれで、中学1年の時にG大阪ジュニアユースに入団。小学生の時から京都の天才児として名を馳せていた宇佐美は、下部組織に入ってからもすぐに“飛び級”し、2学年上の上級生とプレーしていた。中学2年になると主将となり、チームの中心に。同世代のスター的存在だった。

 一方の昌子はなかなか出場機会を得ることができず、中学1年の時の身長は150センチ台。“チビ”というあだ名で、トップ下など前線でプレーしていた。中学1年の最後のほうには出番も少なくなり、試合で副審を務めることも……。その後、ユースから高校2年でプロへ飛び級昇格した宇佐美に対して、昌子は悔しさを糧に鳥取県の米子北高校へ進み、鹿島でプロキャリアをスタートさせた。

 この2人の運命的な再会に周囲は期待を寄せ、共闘を心待ちにしているが、宇佐美の心境は一体どのようなものなのか。

「(当時は)ほとんど一緒にやっていない。思い出もない。俺が覚えている源の姿もない。俺はもうほとんど上に行ってたし、源は俺らの学年でも出られていなくて、3年の時もBチームでも出られていなかったんちゃうかな……ぐらいの感じやった」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング