「勝てなかったら俺のせい」 G大阪エース宇佐美貴史、逆襲に燃える今季の目標は?

G大阪FW宇佐美貴史を独占インタビュー【写真:齊藤友也】
G大阪FW宇佐美貴史を独占インタビュー【写真:齊藤友也】

【インタビュー|第1回】最前線でゴールを目指す今季、掲げるのは「15ゴール10アシスト」

【第2回|G大阪“変革”のキーマンを指名】

 昨季7位に終わった“西の雄”ガンバ大阪は今季、フランス1部トゥールーズから日本代表DF昌子源を獲得したほか、MF小野裕二(←サガン鳥栖)らを獲得。そんななか、昨夏ドイツ1部アウクスブルクから復帰したエースFW宇佐美貴史が、2020年シーズンを迎えるにあたってFootball ZONE webの単独インタビューに応じた。今季の展望や新チームの印象など、宇佐美の“本音”をお届け。第1回は「G大阪が逆襲するには」――。

 頼もしい男が、力強く自ら口にした。昨夏、ドイツからG大阪に復帰した宇佐美は、リーグ戦を14試合7得点で終えた。負傷に苦しむ時期もありながら、ラスト7試合(出場6試合)で6得点。この7戦、残留争いで苦境に立たされていたチームは5勝1分1敗と波に乗り、最終的に7位でフィニッシュした。今季エースとしてシーズンを迎える宇佐美は、その責任感を強く感じている。

「(去年は)俺が決め出してから勝ち出したから、『自分の結果=チームの結果』ぐらいに思っている。思い詰めて考える必要はないけど、チームが勝てなかったら俺個人のせいって思うぐらい、それぐらいの自分に課す思い、責任を負ってもいい。自分にプレッシャーをかけて、自分に危機感を募らせることで乗り越えていけるようにしたい」

 攻撃的なサッカーを目標に掲げるG大阪。指揮を執る宮本恒靖監督にとって就任2年目だった昨季は54得点48失点に終わった。昨シーズンJ1優勝を果たした横浜F・マリノスは、ダブル得点王に輝いたFW仲川輝人とFWマルコス・ジュニオールがそれぞれ15ゴールを叩き出し、計68得点だった。そのなかで、今季G大阪が掲げる得点数の目標は「60」。国内三冠を達成した2014年でも59点だったが、この数字を目の前にした時に宇佐美の心は決まった。

「チームの目標が60得点やから、それを考えた時にやっぱり15ゴール10アシストは必要。俺個人で25得点、(60点の)半分近くを作れたらチームとしてもそのゴール数に辿り着くし、チームも上位にいると思うから、それを目標にしたい。」

 問われる前に自ら口にした15ゴール10アシストという数字。達成するために、今季は“FW”宇佐美にこだわっていく。サイドやトップ下、昨季はインサイドハーフなどのポジションにも挑戦したが、最前線で自慢のシュートを繰り出すことがチームの白星へとつながると確信しているからだ。

「一番前の真ん中。いろいろ制限されないところでやれれば、やりやすいかな。個人としては」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング