「ここに居られて幸せ」 アーセナルFWオーバメヤン、退団の噂を否定「それが僕の気持ち」

オーバメヤンはアーセナルへの愛着を語っている【写真:Getty Images】
オーバメヤンはアーセナルへの愛着を語っている【写真:Getty Images】

元英国代表MFジョー・コール氏はCLでプレーするべきと薦めるもアーセナル残留を示唆

 アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、今夏の退団が噂されているが、アーセナルに満足をしていると断言している。英紙「ミラー」が報じた。

 2020-21シーズン終了後にアーセナルとの契約満了を迎えるオーバメヤンは、クラブが来季の欧州大会の出場権を得られなければ、移籍するのではないかと言われている。スペインのレアル・マドリード、バルセロナが獲得に興味を示しているとされる一方、アーセナルは新契約を結び、引き留めを狙う構えだ。

 また契約延長に応じていないオーバメヤンだが、「僕はここのファンが大好きだ。若い頃からアーセナルの試合を見ていた。常に素晴らしい選手がいたし、トロフィーを勝ち取っていたからね。だから、ここにいることができて本当に嬉しいし、幸せなんだ。それが僕の気持ちだよ」と、アーセナルへの愛着を語っている。

 しかし、オーバメヤンは30歳になったがアーセナルではトロフィーを勝ち取れていない。それどころか、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でプレーすることさえも叶っていない。

 かつてチェルシーやリバプールで活躍した元イングランド代表MFのジョー・コール氏は、「私がオーバメヤンなら、ドアの外を見てみるよ。彼は最高峰の舞台でプレーするべき選手だからだ。彼はCLでプレーする必要がある。彼はCLで十分な年数をプレーできていないから、自身がトップレベルだと示しきれていない。実際には彼はトップレベルであり、彼が残している数字は誰にも引けを取らないものだ」と、CLでプレーするべきだと主張していた。

 オーバメヤンに近しい者は、アーセナルと新契約を結ぶ場合、現在の契約の30%を乗せした週給30万ポンド(約4040万円)を要求するとされている。CL出場権を逃せば、アーセナルはこの要求に応えるのは難しくなり、2021年の夏に移籍金ゼロでの放出を避けるためには、今夏に売却することになるとみられる。

 ドルトムントを離れてCLでプレーできていないオーバメヤンだが、来季はCLでプレー姿が見られるかもしれない。

【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング