欧州上位10カ国リーグの「U-23得点ランクTOP10」を英特集 “神童”を上回る1位は?

欧州上位10か国リーグの23歳以下のヤングスターたちとは【写真:Getty Images】
欧州上位10か国リーグの23歳以下のヤングスターたちとは【写真:Getty Images】

5位以下で目立ったイングランド勢、1位はドイツ代表FWヴェルナー

 シーズン終盤戦に差しかかっている欧州サッカー界では、各国リーグで次代を担う若手選手が台頭している。英メディア「フットボール365」は、今季ここまでの「欧州リーグU-23得点ランキング」を発表。UEFA(欧州サッカー連盟)国別ランキングの上位10カ国のリーグから選出したなか、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペを抑えて、リバプールからの関心がたびたび報じられているRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが1位となった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 各国ヤングスターが名を連ねた今回のランキング。5位以下ではイングランド勢の活躍が目立った。ここ10試合で8ゴールの固め取りをしているエバートンのFWドミニク・キャルバート=ルーウィン、シーズン序盤戦で得点を量産したチェルシーのFWタミー・エイブラハムが13得点で並べば、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードと、ドルトムントのMFジェイドン・サンチョが14得点で名を連ねている。

 4位はリヨンの23歳FWムサ・デンベレ。チームの得点源として機能し、ここまで16得点を挙げている。そして18ゴールで2位に並んだのが、レアル・マドリード移籍が囁かれている“神童”ムバッペと、ヘントのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド。特にムバッペは、今季の全公式戦で見ると32試合30ゴールを記録しており、若手のなかでトップクラスの得点力を誇っている。

 そして、欧州トップ10リーグにおけるU-23得点ランキングで首位に立ったのがヴェルナーだ。日本代表MF南野拓実の所属するリバプールやユナイテッドからの関心が伝えられている23歳のFWは、ここまでブンデスリーガで21ゴールを記録。リーグ戦の記録だけで言えば2位以下を突き放してトップに立っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」