CLユベントス戦、延期や中立地開催も? 新型コロナ流行でリヨン監督危惧「いつ試合を…」

先月26日に行われたCL決勝トーナメント1回戦のリヨン対ユベントス【写真:Getty Images】
先月26日に行われたCL決勝トーナメント1回戦のリヨン対ユベントス【写真:Getty Images】

ガルシア監督が第2戦開催の不透明な状況を告白 「できるだけ早く決断を知りたい」

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は決勝トーナメントに入り、タイトルを巡る争いも折り返し地点を過ぎているが、新型コロナウイルスの影響から逃れられない情勢にある。リヨンのルディ・ガルシア監督の「いつ試合をするのか分からない」というコメントを、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が動画で報じている。

 イタリアでは4日に、政令によって4月3日までのスポーツイベントを中止することが求められた。一方で、無観客で開催する場合はその限りでないという内容でもあるため、イタリア・セリエAは無観客試合になる可能性が高まっている。

 一方で、ユベントスが勝ち上がっているCL決勝トーナメント1回戦では、17日にホームでリヨンとの第2戦を残している。第1戦でリヨンにアウェーで0-1と敗れたなか、本拠地トリノでの第2戦は無観客試合になる可能性が高いが、ローマでの監督経験を持つリヨンのガルシア監督は、状況が不透明だと話した。

「正直なところ、たった今は心配していない。ただし、ユベントスといつ試合をするのか分からない。まずは目の前の試合に集中するが、その後にユベントスと無観客試合でやるのか、イタリアから離れたところで試合をするのか、その状況に合わせないといけない。できるだけ早く、その決断は知りたい」

 ガルシア監督はこう話し、試合日程が不透明なことと、開催地がコロナウイルスの感染拡大を見せるイタリアではない中立地になる可能性もあることに言及した。先日、同じイタリアのインテルはUEFAヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦を無観客試合で開催したが、ブルガリアからやってきたルドゴレツはギリギリまでイタリアでの開催に難色を示していた。

 1996年以来の欧州王者への野望を持つユベントスだが、新型コロナウイルスの影響によりホームアドバンテージを手放さざるを得ないことが濃厚になっている。日程も過密化してくるなかで、対戦相手としてもUEFAによる結論を早く知りたい状況にあるようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング